参議院議員 山田としお

全国農業協同組合中央会(JA全中)元専務理事

山田の近況

  • メールマガジン申し込み
  • 山田としお facebook
  • 山田としおオフィシャルブログ 農家と共に生きる
  • 山田のつくった法律
  • 山田としおの足あと
  • 山田としおの足あと
  • ご意見・ご声援
  • 後援会のご案内
  • 絆 がんばろう日本!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 自民党米作りプロジェクト

山田の近況

2008年1月

2008年1月31日(木)予算委員会での質疑準備

国会対策委員会、議員総会、予算委員会に出席しました。

昼頃、「明日の予算委員会で質問しないか」とのお話をいただき、引き受けることにしました。

予算委員会での質問ということで、慣例に則り「15時までに質問骨子を提出せよ」との連絡があったものの、質問の話があったのは今日のお昼。到底間に合いません。何を質問するか必死に考えたものの、質問骨子を委員部に提出したのは18時過ぎでした。

19時過ぎには、質問の答弁相手となる大臣を抱える各省庁の役人が質問取りに事務所に押し寄せ、狭い事務所が満杯になりました。省によっては、「これは当方の大臣の所管ではない、他の大臣にやってもらいたい」、「いやだめだ」等々のやりとりとなりました。

ただし、この時点で完成しているのは質問骨子のみ。

詳しい質問内容は後刻届けるということにして、内容を推敲しましたが、完成には午前1時までかかりました。この間、各省からは、「まだ出来ないのか」と再三の催促。急に決まった質疑とはいえ、皆さんに申し訳ない思いがしました。

さらに秘書がパワーポイントを利用した参考資料を作成し、小道具として利用するための牛乳と水をコンビ二に買出しに行き、宿舎に帰って床に着いたのは、午前2時過ぎでした。明日も寝不足は間違いありませんが、応援いただいている皆さんのためにも恥ずかしくない質問をしなければなりません。

2008年1月30日(水)栃木にて

予算委員会が急遽中止になったこともあり、栃木にて、家族経営の酪農家と、かねてから伺いたいと思っていたメガファームを訪問しました。

搾乳牛38頭の家族経営は、子取りから育成、そして搾乳と一貫した経営で、林間に放牧された牛たちものびのびとしていました。牧草も飼料稲のサイレージを上手に使っていますが、飼料価格の高騰で、いつ経営を止めなければならなくなるのかと心配されていました。

メガファームは、2,100頭の搾乳牛と1,000頭の肉用牛を飼育する農業生産法人であり、中国からの研修生、多くの草地の確保、1日3度の搾乳等、まさにメガファームでした。デントコーン等のサイレージの確保に努力されていますが、ここでも飼料価格の高騰と、そのコストを乳価に反映できないもどかしさを聞くことができました。

先日の北海道視察と同様に、当面の緊急対策と、中長期の対策に分けて着実に手を打つことが必要であることを痛感しました。

栃木にて酪農視察(1)
栃木にて酪農視察(1)
栃木にて酪農視察(2)
栃木にて酪農視察(2)
メガファームを視察(1)
メガファームを視察(1)
メガファームを視察(2)
メガファームを視察(2)
2008年1月29日(火)各種会合に出席

予算委員会に出席しました。

また、国民歯科問題議員連盟、自民党の農業版JETRO創設PT、農政ジャーナリストの会に出席しました。

2008年1月28日(月)北海道現地視察(釧路管内)

北海道の釧路管内にて酪農を視察した後、生産者との意見交換会に出席しました。

この2日間、各農場で生産者の皆さんの意見をお聞きし、飼料価格の高騰に対して、敷料の再利用、ビートの絞り粕など自給飼料の拡大、乳肉複合経営への転換等、涙ぐましい努力をされていることがわかりました。

しかし、連続した飼料価格の高騰で、このままでは経営を止めざるを得ないということもわかりました。十勝の広大な畑作は、畜産の堆肥があってこそ成り立っているのであって、畜産が崩壊すれば新鮮な野菜や国産の麦を供給する畑作も崩壊することもわかりました。

何としても、飼料価格の高騰に対する当面の緊急対策を講じる一方で、国内の飼料生産基盤のあり方、輸入先の多元化、飼料の価格安定基金制度の充実、備蓄の強化、経営の補てん対策、乳業メーカーとの価格交渉や消費者価格への反映方策のあり方など、中長期の対策を着実に講じていかなければなりません。これらの具体化に向けてしっかり取り組む決意です。

2008年1月27日(日)北海道現地視察(十勝管内)

自民党農林部会及び畜産・酪農対策小委員会の北海道現地視察に参加しました。

十勝管内にて、肉用牛、酪農の牧場を視察した後、生産者との意見交換会に出席しました。

近藤先生、野村先生と
近藤先生、野村先生と
意見交換会にて
意見交換会にて
2008年1月26日(土)茨城にて

茨城の県北地区農協協議会の国政報告会にて「当面する国内農政対策について」と題して講演をさせていただきました。

2008年1月25日(金)JA全国女性大会

JA全国女性大会に出席し、休憩時間にご挨拶させていただきました。

直前の養老孟司先生の講演で会場の皆さんが大変盛り上がっていましたので、少々プレッシャーを感じながらのご挨拶となりましたが、会場の皆さんにうまく乗せていただいて、それなりのご挨拶をさせていただくことができたように思います。

昼過ぎには、高本会長をはじめとする富山県女性部の皆さんが国会事務所を訪れ、議員食堂にて昼食をご一緒させていただき、コーヒーを飲みながら歓談させていただきました。

この日のように皆さんとのコーヒー・ミーティングというのもなかなか良いものです。国会日程等にも左右されますが、皆さんも上京される際にはぜひお声がけいただければと思います。

JA全国女性大会にてご挨拶(1)
JA全国女性大会にてご挨拶(1)
JA全国女性大会にてご挨拶(2)
JA全国女性大会にてご挨拶(2)
富山県女性部の皆さんと
富山県女性部の皆さんと
富山県女性部の皆さんとコーヒー・ミーティング
富山県女性部の皆さんとコーヒー・ミーティング
2008年1月24日(木)馳先生にご相談

自民党の農林部会、消費者問題調査会に出席しました。

また、馳浩先生にご相談に伺いました。

馳先生は、選挙区こそ違いますが同じ小矢部市の出身であり、皆さんご存知のとおり、スポーツについて非常に造詣が深いお方です。持ち前のフットワークの軽さで快く相談に乗っていただき、文部科学省の局長さんたちと一緒に打開策を探っていただきました。

ちなみに、プロレス好きな秘書の秋山君は、馳先生との打ち合せに参加できたことを人一倍喜んでおりました。秘書業もたまには良いことがあるものですね(笑)。

2008年1月23日(水)JAさがみ都市農業振興大会に出席

国会対策委員会、議員総会、本会議に出席しました。

また、JAさがみ都市農業振興大会に出席し、ご挨拶させていただきました。国会日程が未確定だったことから、本当に出席できるのか不安でしたが、関係者のご尽力もあり、ドタバタながら出席することができました。ありがとうございました。

2008年1月22日(火)法務部会にて発言

国会対策委員会、議員総会、本会議に出席しました。

この日の出来事はメールマガジンNo.87に詳述させていただきましたが、本会議での尾辻参院議員会長の代表質問にはとても感激しました。与党でありながら、総理に対して、地域間格差・経済格差の問題、そしてそれを生んだ経済財政諮問会議の議論と委員の選任について総理の認識を質しました。そのうえで「総理が今、どのような国を創ろうとしているのか」と質問されました。

これこそ、「良識の府」としての参議院の自負なのでしょう。与野党問わず大きな拍手が起こりました。

福田総理は、これらの質問に、早口で流すような対応で、経済財政諮問会議についても「民間の方の知見をいただく場であり、内閣としての政策決定は総理の下で閣議で行う」と答えるのみでありましたが、私には、官僚が書いた回答に、総理としては、極めて不満であることを意思表示しているように見えました。今まさに、政策の方向を変えていく動きが起こっていると私には感じられました。

自民党では、総務部会、林政調査会、法務部会、北陸信越ブロック両院議員会議に出席しました。

法務部会では、今国会において商法で位置づけられていた保険を独立させ、共済についても保険の規定に組み込む形で、新たに保険法として法案が出されるということについて、「契約者保護については異存が無いが、相互扶助というわが国の特性を踏まえて発達してきた共済制度を、多数の顧客を対象とする保険制度と一括りにしてもよいのか。米国政府がわが国に要求している対日年次改革要望書に応えるためのものなのか」と、共済は全くに異分野でありますが思い切って発言しました。

私の発言に続いて、閣僚経験のある先生方からも「共済に過剰な規制となっていないか見直すべきだ」、「共済の関係は事前によく説明が必要だ」との発言があり、引き続き審議されることとなりました。

午後は、流山市の皆さんが国会事務所を訪問され、記念撮影させていただきました。

流山市の皆さんと
流山市の皆さんと
流山市の皆さんと秋山秘書
流山市の皆さんと秋山秘書
2008年1月21日(月)久留米市農政連との昼食会

久留米市農政連との昼食会に出席し、ご挨拶させていただきました。

また、農水省ほか各省庁からのレクを受けました。

2008年1月19日(土)早稲田大学にて講義

母校である早稲田大学の「農山村体験実習-農林業問題入門」にて、学生約50名を対象に『わが国のあり方と「食」と「農」の諸課題』と題して講義させていただきました。

講義では、学生時代に就職活動でJA全中を受験した当時の思い出に始まり、国会の委員会における質問、一昨日の党大会での出来事、わが国や世界における食と農が抱える問題まで、幅広くお話をさせていただきました。

政治経済学部の学生からは、「欧州では農業予算の割合を高くすることについて国民合意がされているとのことだが、日本で欧州のように国民合意が進まないのはなぜか」と鋭い質問をいただきました。やり取りを通して、早大生が、食と農の問題について危機意識を持っていることがわかり、大変心強く感じました。

学生の皆さんに負けぬよう、私も、食と農に関心を持って応援してくれる国民が一人でも増えるよう、徹底して頑張ります!

貴重な機会を与えていただいた堀口副総長、外川事務長、どうもありがとうございました。

早稲田大学にて講義(1)
早稲田大学にて講義(1)
早稲田大学にて講義(2)
早稲田大学にて講義(2)
2008年1月18日(金)通常国会がスタート

国会対策委員会、議員総会、両院議員総会、災害対策特別委員会、本会議、開会式に出席しました。天皇陛下がご臨席されての開会式では和装の国会議員が目立ちましたが、私はいつものようにスーツに緑のネクタイで臨みました。

自民党では、エネルギー戦略合同部会、農林部会等に出席しました。

また、国会内にて、JAながさき県央の皆さんと懇談し、ご挨拶させていただきました。ご同席させていただいた、久間先生、谷川先生、ありがとうございました。

さらに、JA全中の宮田会長に国会事務所をご訪問いただきました。気の引き締まる思いです。今国会も徹底して頑張ります。

JAながさき県央との懇談にてご挨拶
JAながさき県央との懇談にてご挨拶
JAながさき県央の皆さん、久間先生、谷川先生と
JAながさき県央の皆さん、
久間先生、谷川先生と
2008年1月17日(木)自民党大会
JAオホーツク網走の皆さんと意見交換
JAオホーツク網走の皆さんと意見交換

自民党大会に出席しました。党大会では、全国農業者農政運動組織連盟(全国農政連)が、167の友好団体を代表して表彰され、川井田会長が福田総裁から感謝状を受け取りました。

昨年夏の参議院選挙で私が比例代表として自民党第2位の票を得たことが背景にあったのかもしれません。農政連の名が読み上げられた時は、感激しました。ひとえに皆さんのご尽力の賜物です。ありがとうございました。
(自民党大会の模様は、山田としおメールマガジンNo.086に詳述しましたので、そちらをご参照ください)

党大会後には、自民党富山県連の懇談会に出席しました。

また、JAオホーツク網走の皆さんに国会事務所をご訪問いただき、意見交換させていただきました。

2008年1月16日(水)沖縄からの来客

沖縄県中央会の大城会長、金城常務、JAおきなわの小那覇経営管理委員会会長、伊波理事長に国会事務所をご訪問いただきました。

また、昨年12月に引き続き、第2回目となるJA共済連との勉強会に出席しました。議題は法務省が進めている保険法の見直しについてであり、今後、しっかり勉強して、自民党法務部会など然るべき場所で発言していきたいと思います。

沖縄県中央会・大城会長はじめ皆さんと(1)
沖縄県中央会・大城会長はじめ皆さんと(1)
沖縄県中央会・大城会長はじめ皆さんと(2)
沖縄県中央会・大城会長はじめ皆さんと(2)
島根県三刀屋町元町議・安井氏と
島根県三刀屋町元町議・安井氏と
2008年1月15日(火)本会議ほか

国会対策委員会、議員総会、本会議に出席しました。延長に延長を重ねた臨時国会も今日で閉会。全国の皆さんにご挨拶に伺う機会を何度も逃し、正直、焦っています。18日からは早くも通常国会が開会されますが、合間を見て必ず皆さんのもとにご挨拶に伺わせていただきます。

JAかながわ西湘の皆さんが上京され、議員会館内の会議室にて講演させていただきました。その後、JAかながわ西湘の皆さんには、国会を見学していただきました。

国会見学は平日であればいつでも可能です。国会日程もあり、私が必ずしも同席できるとは限りませんが、JAの皆さんが上京する際には是非とも見学していただきたいものです。秘書が対応させていただきますので、ご担当者の方は何なりと事務所までご連絡ください。

JAかながわ西湘の皆さんと(1)
JAかながわ西湘の皆さんと(1)
JAかながわ西湘の皆さんと(2)
JAかながわ西湘の皆さんと(2)
2008年1月13日(日)広島にて

故原田会長、故児玉会長のご霊前にご挨拶させていただきました。

2008年1月12日(土)広島にて

禁足令が解除され、晴れ々した気分で広島へ向かいました。

広島県JA常勤理事研修にて、「これからの農政の展開とJAの使命」と題して講演させていただきました。その後、賀詞交歓会に出席させていただきました。

2008年1月11日(金)本会議

国会対策委員会、議員総会、本会議に出席しました。

この11日と12日は、テロ特措法案の審議が大詰めを迎えていることから、数日前から「禁足令(※)」が発令されていました。明日12日は広島に出張予定だったことから心配でしたが、なんとかテロ特措法案が成立し、12日の禁足令が解除され、胸を撫で下ろしました。

夕刻には、JA流山市の農業関係・JA関係者連絡会議に出席し、ご挨拶させていただきました。

※「禁足令」とは
本会議がその日の何時に開かれるかわからない時に、各政党が所属国会議員に国会周辺(議員会館や党本部など)に待機するよう命令をかけること。

2008年1月10日(木)外交防衛委員会
小矢部市議会・多田議長、中村副議長らと
小矢部市議会・多田議長、中村副議長らと

富山県小矢部市議会の多田議長、中村副議長らに国会事務所をご訪問いただきました。

また、福田総理を応援するため、外交防衛委員会に出席しました。テロ特措法案の審議が大詰めとなり、NHKでテレビ中継されるなど注目度が高いことから、事務局から指示があっての出席でした。注目度の高い委員会では、その委員会の委員でなくとも、たまにはこんな仕事もあるのです(苦笑)。

夕刻には赤坂の日枝神社にて新春祈願の後、東京・大手町のJAビルにて農協愛友会の新春賀詞交歓会に出席しました。

2008年1月9日(水)本会議

国会対策委員会、議員総会、本会議に出席しました。

また、農水省から原油価格高騰対策、卸売市場手数料の自由化についてレクチャーを受けました。原油高騰対策については、昨年12月26~27日に宮崎を訪問した際、各JAの皆さんから危機感を訴えられたものです。昨年内に、自民党、政府における原油価格高騰対策は措置されていますが、生産者の窮状に何ができるのか、もう一度よく考えてみたいと思います。

農林水産分野における原油価格高騰対策は以下をご参照ください。
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/genyu/index.html

2008年1月8日(火)千葉にて

千葉にて、経営管理者研修会に出席し、ご挨拶させていただきました。

2008年1月7日(月)岐阜にて

岐阜にて、JAグループ新春互礼会に出席し、ご挨拶させていただきました。

2008年1月4日(金)JA中央機関新年賀詞交換会ほか

富山から朝一番の飛行機で上京し、東京・大手町のJAビルにて、JA中央機関新年賀詞交換会、JA全農の平成20年賀詞交歓会等に出席し、ご挨拶させていただきました。

2008年1月3日(木)富山にて消防団の出初式に出席

後援会小矢部連絡事務所における賀詞交換のほか、消防団の出初式に出席しました。雪の中での赤・緑・白の放水訓練も見ごたえがありましたが、150人を超える団員のきびきびした動きも圧巻でした。

団員の中には、顔見知りのJAの職員、市役所の職員、近所の後継ぎの方などがいて、また、長髪も茶髪もいます。まさしく地域の私設消防団です。皆さんが、仕事を持ち、家庭を持ち、そして地域の役割を果たしておられることに感動しました。

国会議員として初めて過ごす田舎での正月は、私にとって良い出発点になりました。

皆さんありがとうございました。

2008年1月2日(水)富山(後援会小矢部連絡事務所)にて

後援会小矢部連絡事務所における賀詞交換のほか、長勢自民党富山県連会長、熊鹿自民党富山県連幹事長、江西富山県中央会会長にご挨拶に伺いました。

2008年1月1日(火)富山にて(新年賀詞交換会)

いよいよ新しい年のスタートです。

国会議員として初めての正月は、田舎の富山で迎えました。

朝9時に村の自治会長さんらとご一緒に八幡宮で玉串を奉てんしました。

また、後援会小矢部連絡事務所では、元旦から3日までの毎日朝8時から夕方まで村や市の自治会やJAや議員の皆さんとの賀詞交換を行いました。

この事務所は、支所等の統廃合で、廃止になった旧農協の支所を1月1日から借り受けたものです。村の後援会の皆さんが手を入れてくださって、見違えるようになりました。

この旧農協では、私の祖父が役員を務めており、また、父が戦争から帰り勤務したのもこの農協です。同じ場所を今度は私が利用させてもらうことになりました。縁というのは、大変で、不思議なものです。

2008年も全力で頑張ります。

バックナンバー一覧はこちら