参議院議員 山田としお

全国農業協同組合中央会(JA全中)元専務理事

山田の近況

  • メールマガジン申し込み
  • 山田としお facebook
  • 山田としおオフィシャルブログ 農家と共に生きる
  • 山田のつくった法律
  • 山田としおの足あと
  • 山田としおの足あと
  • ご意見・ご声援
  • 後援会のご案内
  • 絆 がんばろう日本!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 自民党米作りプロジェクト

山田の近況

2008年6月

2008年6月30日(月)家内の故郷、山形にて

山形県にて、国政報告会に出席し、国政報告させていただきました。

山形県は家内の故郷でもあり早く訪ねたかったのですが、だいぶ遅くなっての訪問となってしまいました。

出席者からは、畜産の飼料高騰や肥料の高騰について悲鳴のような訴えがありました。皆さんの期待に応えるため、「制度が無い」「前例が無い」「財源が無い」など泣き言を言わず、国会議員として、やるべきことを一歩一歩、やりたい遂げたいと思います。

2008年6月29日(日)北海道にて知床毘沙門堂例祭に出席

北海道斜里町にて、知床毘沙門堂例祭に出席しました。

金閣寺・銀閣寺住職の有馬頼底さん、法隆寺管長の大野玄妙さん、日本経済新聞の鶴田元会長、杉田現会長など錚々たる方々が出席されていました。

毘沙門堂の法要は、絶叫詩人でも有名な東京下谷の法昌寺の福島泰樹住職が執り行い、その朗々たるお経には度肝を抜かれました。

得難い経験により、政治家になって間もなく1年の自分を省みる良い機会となりました。

(詳細はメールマガジンNo.107に詳述しましたので、そちらもご参照ください)

2008年6月28日(土)東京にてお墓参り、そのまま北海道へ

青山墓地にて、若鮎会のメンバーで恩師のお墓参りをしました。恩師の墓前にて、これまでの感謝と今後の国政活動に向けた決意を報告しました。

その後、北海道に移動し、夜には、知床毘沙門堂例祭の前夜祭に出席しました。

恩師のお墓参り
恩師のお墓参り
北海道にて立松氏、高橋氏と
北海道にて立松氏、高橋氏と
2008年6月27日(金)島根にて国政報告

JA西いわみにて、国政報告をさせていただきました。

貴重な機会を与えていただいたことに感謝、ただただ感謝です!

2008年6月26日(木)東京でホッケー振興のご相談、その足で島根へ
「おくがの村」にて
「おくがの村」にて

朝、馳浩先生にホッケー振興についてご相談に伺いました。

ホッケーは全国的にはマイナースポーツですが、地元の富山県では盛んに行われており、私も学生時代にプレーした経験があります。女子日本代表チームは北京オリンピックの隠れたメダル候補ですが、まだまだ練習環境が整っていません。地元活性化のため、ホッケーを振興させていきたいと思います!

午後には、島根県にて、津和野町の農事組合法人「おくがの村」を訪れ、糸賀盛人さんとの約束を果たすことができました。

「おくがの村」は本当にきれいな集落です。しかし何より、住民の方々が生き生きされているのが印象的でした。皆さんからいっぱいの元気をいただきました!

2008年6月25日(水)空路、富山から千葉へ 消防車対策について

早朝に、富山から空路で上京しました。

地元の小矢部市に消防車が不足していることから、上京後すぐに消防庁に要請に向かいました。消防庁担当部署の皆さんは、岩手・宮城内陸地震の対策本部も務められており、大変忙しそうな様子でした。私も負けてはいられません!

午後は、千葉県に移動し、JA流山市の通常総会に出席しました。

2008年6月24日(火)富山にて(打ち合わせ、ご挨拶、講演)

午前は、国会事務所にて、山内康一先生との打ち合わせ等をこなしました。

午後は、日本園芸農業協同組合連合会(日園連)の通常総会に出席し、挨拶させていただきました。

夕刻には、富山に移動し、高岡食品衛生協会創立50周年記念講演会にて、「わが国の『食」と『農』をめぐる課題」と題して講演させていただきました。お招きいただいた高岡食品衛生協会の皆さん、ありがとうございました。

日園連通常総会
日園連通常総会
高岡食品衛生協会創立50周年記念講演会
高岡食品衛生協会創立50周年記念講演会
2008年6月23日(月)宮城にて国政報告察

宮城県の後援会総会および農政連50周年記念パーティーに出席し、国政報告させていただきました。

また、先日の岩手・宮城内陸地震における被害が甚大だったJA栗っこを近日中に訪ねる約束をしました。

2008年6月22日(日)富山(小矢部市、砺波市、富山市)にて

午前は、小矢部市にて、国道471号や石坂地区等の現地視察を兼ねて、住民の皆さんと意見交換させていただきました。

午後は、砺波市に移動し、上田信雅県議後援会総会にて「日本の農業と食料自給率について」と題して講演させていただきました。貴重な機会を与えてくださった上田先生、ありがとうございました。

夕刻には、富山市にて、中川ただあき県議の後援会総会に出席させていただきました。

小矢部市南坂地区(国道)を視察
小矢部市南坂地区(国道)を視察
小矢部市石坂地区を現地視察
小矢部市石坂地区を現地視察
上田信雅県議後援会総会
上田信雅県議後援会総会
中川ただあき県議後援会総会
中川ただあき県議後援会総会
2008年6月21日(土)富山(砺波地区)にて

富山にて、砺波地区山田としおを支える集いを開催していただきました。

江西後援会会長や石井富山県知事ら約500名の皆さんを前にして、国政報告させていただきました。佐野JAとなみ野組合長をはじめとする関係者の皆さんのご尽力のおかげで、集いは大盛況となりました。どうもありがとうございました。

夕刻には、自民党出町支部定期総会にて、国政報告させていただきました。

砺波地区山田としおを支える集い
砺波地区山田としおを支える集い
自民党出町支部定期総会
自民党出町支部定期総会
2008年6月20日(金)通常国会閉会

通常国会もいよいよ最終日(実際の会期は明日までですが、この日が実質最終日です)。会期末処理のため多数の委員会が開催され、慌しい一日となりました。

国会対策委員会、農林水産委員会、災害対策特別委員会、予算委員会、特別総会、議員総会、本会議、そして2回目の災害対策特別委員会に出席しました。災害対策特別委員会では、岩手・宮城内陸地震の被災状況について泉大臣から報告がありました。

自民党では、原油価格高騰対策プロジェクトチームに出席。原油価格高騰対策の強化案が決定されました(来週火曜の政審、総務会を経て正式決定の見込み)。漁業等ではさらなる対策が措置されることとなりましたが、農業分野では、省エネ対策の充実など既存の対策に留まりました。農業(特に園芸)では、畜産における配合飼料価格安定制度のように、原油価格高騰に対応できる制度がないため、対策を措置することが難しいようです。しかし、園芸地帯を中心として、全国の皆さんから原油高騰対策を要望する声も日増しに高まっています。既存制度に捉われることなく、さらに踏み込んだ対策が必要です。

また、強化案の最後には、最近の原油や穀物高騰の一因となっている投機資金対策について、サミット等で国際的な取り組みを議論することが明記されました。原油も穀物もこのまま値上がりを続ければ、どんな対策を講じても効果がありません。国際相場における投機資金の規制が必要です。

午後3時には、全国農政連の幹事会に出席し、ご挨拶させていただきました。その後は、明日に備えて、富山に移動しました。

なお、国会日程のため、無駄遣い撲滅プロジェクトチーム(文教・科学技術等)は欠席となりましたが、代理出席している秋山君によると、各省庁のタクシー券の利用にはじまり、広報活動、入札のあり方等々について、相当に踏み込んだ議論が行われているようです。来週以降は私も積極的に出席し、国家公務員に対する国民の信頼を取り戻すべく、議論していくつもりです。

災害対策特別委員会
災害対策特別委員会
全国農政連幹事会にてご挨拶
全国農政連幹事会にてご挨拶
2008年6月19日(木)WTO交渉は慎重に

朝8時から地域農業政策セミナーにて国政報告をさせていただきました。

その後、自民党にて、農林部会、過疎対策特別委員会、動植物検疫及び消費安全に関する小委員会、無駄遣い撲滅プロジェクトチーム(文教・科学技術等)に出席しました。

農林部会では、骨太方針2008について議論が行われました。私は「原案に「WTO交渉の年内妥結」とあるのは違和感がある。「政府一体となった取り組みを進める」と記述すればそれで十分ではないか」と発言し、政府がWTO交渉の早期妥結に突き進むことにないよう釘を刺しました。

動植物検疫及び消費安全に関する小委員会では、食品表示制度に関する議論が行われました。私は、加工食品では原料について「外国産」と表記する現行制度について、「外国産と表示するだけでは、その原産地が中国など問題の多い国なのかどうかわからず、十分な制度とはいえないため、さらに検討を進めるべきだ」と発言しました。

正午には、二田孝治先生にご案内いただいた北秋田市農業委員の勉強会に出席しました。

午後からは、東海北陸自動車道建設促進同盟会等の合同総会に出席しました。

その後は、福森氏らからの米粉パンの説明、全農、空知農民連、農水省からそれぞれ陳情やレクチャーを受けました。

2008年6月18日(水)たばこ値上げには断固反対!

午前は岡山にて、組合長会議に出席し、ご挨拶させていただきました。

午後には上京し、全国たばこ耕作組合中央会との打ち合わせ、農水省、外務省からレクチャーを受けました。

最近、たばこ1箱500~1,000円への値上げ(増税)が提言され、値上げを目的として超党派の議員連盟が組織されるなど、議論が大いに盛り上がっています。

私は、パブリックスペースの分煙化や受動喫煙の防止は推進すべきと思いますが、単純な値上げには断固反対です。生産条件の不利な離島や中山間地で葉たばこを生産している農業者に対する配慮が必要です。たばこ耕作組合の皆さんとよく相談して、安易な値上げや増税が行われることのないよう、しっかりと取り組みます!

2008年6月17日(火)岡山にて

岡山にて、国政報告会で国政報告させていただきました。

昨夏の当選後、初めて岡山の皆さんにご挨拶させていただくことができました。

村上会長はじめ関係者の皆さん、どうもありがとうございました。

2008年6月16日(月)丸川先生結婚披露宴

富山にて、自民党富山県連勉強会に出席。富山県議の皆さんを前にして「これからの農業政策について」と題して講演させていただきました。

午後には上京し、夕刻から同期の丸川珠代先生の結婚披露宴に出席しました。マスコミにも大きく取り上げられていましたが、多数の国会議員や各会の有名人が出席され、大変に華やかな披露宴でした。媒酌人を務められた奥田碩元経団連会長とも久々にお話させていただくことができました。丸川先生、末永くお幸せに。

2008年6月15日(日)野田市長選

千葉県野田市にて、1週間後に予定されている野田市長選挙の根本たかし出陣式に出席しました。

午後には、明日の講演に備えて富山に移動しました。

2008年6月14日(土)長野にて

長野県飯田市にて、JA共済連・今尾専務のお母様の告別式に参列しました。

東京から飯田市は、新宿駅から高速バス、特急と在来線を乗り継いでいくこともできるのですが、いずれも4時間以上かかります。私は思案したあげく、豊橋駅まで新幹線、そこから特急と在来線を乗り継ぐルートを選択しました。

しかし、これが大失敗。トラブルにより途中で電車が動かなくなってしまい、仕方なく3時間あまり山の中をタクシーに乗ることになりました。

また、朝8時43分に岩手・宮城内陸地震が発生しました。岩手県奥州市と宮城県栗原市では震度6強を記録し、多数の死傷者や行方不明者が出た模様です。お亡くなりになられた方々のご冥福と被災者の皆さんへのお見舞いを申し上げます。

2008年6月13日(金)山口にて

山口にて、国政報告をさせていただきました。

私が国政報告を行う前には、私の山口県後援会の設立総会が行われました。国澤会長はじめ皆さんには大変ご尽力をいただきました。どうもありがとうございました。

皆さんのご期待に応えられるよう、今後とも精一杯がんばります!

2008年6月12日(木)畜産酪農の追加緊急対策が決定!
米粉議連にて米粉パンを試食
米粉議連にて米粉パンを試食

朝は、自民党にて、農業基本政策小委員会・畜産酪農対策小委員会合同会議に出席しました。会合では、畜産酪農の追加緊急対策として、総額738億円が措置されることが決定しました。飼料価格高騰は今後も止まる見込みがなく、まだまだ課題山積です。今回の検討の主戦場となった配合飼料高騰対策プロジェクトチームは、今後も継続して議論を行う予定ですので、私も積極的に議論に参加していきます。

※ 追加緊急対策の詳細等は、メルマガNo.106に詳述しましたので、そちらをご参照ください。

10時からは、米粉加工食品を普及促進する議員連盟(米粉議連)に出席しました。今回が第1回の会合でしたが、福田総理に出席いただいて米粉パンを試食していただいた効果もあってか、マスコミにも大々的に取り上げていただきました。米粉と飼料用米がコメの生産調整の救世主となれるか、全ては今後の議論にかかっています。

続いて、北陸新幹線建設促進大会に出席しました。

午後は自民党にて、食料戦略本部、農林水産物貿易調査会に出席しました。

食料戦略本部では、日本生協連が「消費者の意識と行動」と題して説明を行いましたが、まとめによると、消費者は食品の安全や安定供給は食品事業者や政府等の役割と考えており、そのためのプレミアムは理解されにくいとのこと。これはアンケート調査の結果とのことですが、いかがなものかと思い「生協の話を聞いていると、どうもイオンの話を聞いているようだ。生協の理念はどうなっているのか」等の意見を述べさせていただきました。

農林水産物貿易調査会では、最近のWTO交渉の情勢やFAO食糧サミットについての報告がありました。私からは、「WTO交渉はシングルアンダーテーキング(一括交渉合意)で間違いないのか。農業だけ先に合意することはないですよね」と質問し、農水省からは「シングルアンダーテーキングは各国の共通認識であり、農業だけが先行して合意することはありません」との答弁をいただきました。

2008年6月11日(水)問責決議

朝は、自民党にて、地方分権推進改革特命委員会等に出席しました。

続いて、国会対策委員会、議員総会、本会議と出席。本会議は20もの案件の採決が行われた後に一時休憩。午後に再開されることになりました。

昼過ぎの12時40分からは、災害対策特別委員会に出席。この日は参考人質疑が行われました。

15時45分からは議員総会、16時からは再開された本会議に出席しました。本会議ではヤジと怒号が飛び交うなか、福田総理の問責決議案の採決が行われ、賛成131票、反対105票で残念ながら可決されてしまいました。今国会の会期は1週間延長される予定ですが、今後は野党が審議拒否するものと想定され、これをもって今国会での議論は実質終了となりそうです。野党の党利党略とはいえ、国会、とりわけ良識の府である参議院は議論を尽くすことが求められているのではないでしょうか。残念に思います。

2008年6月10日(火)農林水産委員会で質問

朝8時から、自民党にて、農業基本政策小委員会・畜産酪農対策小委員会合同会議に出席。今回の緊急対策の骨格がおおむね明らかにされ、後は予算をいかに獲得できるかの勝負となってきました。私は、配合飼料価格安定制度の財源問題について「財務省が貸付けで心配をしているなら拠出を実現すればよいではないか」、乳価問題について「小規模酪農家が悲鳴をあげている。価格交渉をきっちりやらなければいけない。生産者、消費者、販売者が一体となった緊急対策が必要だ」と発言しました。

10時からは農林水産委員会に出席。昼の休憩を挟んで13時30分過ぎから約30分間の質問を行いました。

用意した質問の骨子は以下のとおりです。

質疑の詳細は、参議院ホームページ(http://www.sangiin.go.jp/)よりご確認ください。

  1. 都市計画区域における農地の扱いについて
  2. 農振農用地における農地転用について
  3. 大規模商業施設の設置と農地転用について
  4. 地方分権推進委員会における農地転用権限の都道府県知事への移譲の議論について
  5. 国土形成計画(案)における農地の扱いについて
  6. 経済財政諮問会議の民間委員提言(農地、農業生産法人)について

今回の質問では、市街化を抑制すべき調整区域や非線引きの地域、大規模商業施設の農地転用について実態を明らかにしたうえで、地方分権改革推進委員会における4ha超農地の都道府県知事への転用権限移譲の議論、経済財政諮問会議における企業の農地所有の動きなどをけん制しました。この2課題は、方向性を誤ると、農地だけではなくわが国のあり方にもかかわる重大事案です。幸いにも、この2課題については、若林大臣が大変頑張っていただいており、今回の質疑でも力強い答弁をいただきました。若林大臣、この国の方向性を誤ることのないよう、今後とも毅然としたご対応をお願いいたします!

農林水産委員会終了後には、北海道中央会と全農から、先日の農林水産委員会の質問で取り上げたJAグループのバイオ燃料の取り組みが抱える問題点を教えていただきました。

このほか、無駄遣い撲滅プロジェクトチーム(文教・科学技術等)、農業版JETRO創設プロジェクトチーム打ち合せに出席しました。農業版JETRO創設プロジェクトチームでは、取りまとめ案もだいたい固まり、新組織の形態について突っ込んだ議論が行われ、私も農業版JETROの創設に向けて積極的に提言をさせていただきました。

農林水産委員会で質問(1)
農林水産委員会で質問(1)
農林水産委員会で質問(2)
農林水産委員会で質問(2)
農林水産委員会で質問(3)
農林水産委員会で質問(3)
2008年6月9日(月)西川先生、葉梨先生への要請

委員差し替えで、国際・地球温暖化問題に関する調査会に出席。中間報告の議決を行いました。

午後からは、明日の農林水産委員会での質問に備えて、農水省および国交省に質問取りに来ていただきました。今回は農地問題に関する質問を予定しています。最近では、世界的な食糧危機を背景として、日本国内における食料自給率向上を求める声が大きくなっていますが、国内の生産性を向上するためには農地制度の改善が必要不可欠です。明日の質問が、農地制度改善の一助になればと期待しています。

その後、先週に関東の酪農家の皆さんとお約束していた、西川先生、葉梨先生への要請に同行させていただきました。畜産酪農対策の詰めが佳境を迎えている中、お二方とも貴重なお時間を割いて真摯にご対応していただきました。これで少しでも酪農家の苦境を救うことのできる対策を組むことができれば幸いです。西川先生、葉梨先生、よろしくお願いいたします!

関東酪農家の皆さん、西川先生への要請
関東酪農家の皆さん、西川先生への要請
関東酪農家の皆さん、葉梨先生への要請
関東酪農家の皆さん、葉梨先生への要請
2008年6月8日(日)質問作成

2日後の10日に予定されている農林水産委員会での質問を練りました。

また、8月に出版を予定している書籍の執筆に精を出しました。

2008年6月7日(土)富山にて

富山にて、長勢甚遠先生お母様の告別式に参列いたしました。

また、自民党小矢部市連定期総会、自民党大門連合支部総会に出席し、国政報告をさせていただきました。

2008年6月6日(金)「かりゆし」も緑!
「かりゆし」も緑!
「かりゆし」も緑!

朝8時から、自民党にて、農業基本政策小委員会・畜産酪農対策小委員会合同会議に出席。5月30日の水田農業振興議員連盟の決議内容を私から報告しました。また、昨日とりまとめた配合飼料高騰対策プロジェクトチームの中間とりまとめが報告されました。

続いて、国会対策委員会、議員総会、本会議と出席しました。本会議では、後期高齢者医療制度廃止等緊急措置法案が賛成多数で可決されました。

午後は、農水省、国交省などからレクチャーを受けました。来週6月10日に予定されている農林水産委員会の質問に向けて勉強をしました。

夕刻には、熊本県信連の前鶴理事長に事務所を訪問いただきました。

また、この日は、福田総理をはじめ全閣僚が「かりゆしウェア」を着用して、閣議に臨んだことにちなんで、私も緑のかりゆし着用しました。朝の自民党で上着を脱いだときには、私の緑のかりゆしを見た先生方からどよめきが起こりました。

しかし、本会議場ではハプニングに見舞われました。「上着を着用すべきだ」とのクレームがあり、「かりゆしは正装ですよ」と反対意見を述べてくれた先生もいたのですが、敢え無く上着を着ることになりました。全閣僚がかりゆしで閣議をしているというのに、参議院本会議場では上着を着用しなければならないとは・・・。残念です。

2008年6月5日(木)中間とりまとめラッシュ

朝8時から、自民党にて、日本の活力創造特命委員会幹事会に出席。

9時からは、農林水産委員会で深川政府倉庫を視察しました。

午後は、アグリツーリズム協会理事会に出席した後、自民党に戻り、配合飼料高騰対策プロジェクトチーム、消費者問題調査会、日本の活力創造特命委員会、食料戦略本部、国家戦略本部に出席しました。

配合飼料高騰対策プロジェクトチームでは、中間とりまとめ案が承認されました。中間とりまとめでは、通常補てんを継続するために必要な異常補てん基金等からの借入枠を確保、4%追加補てんの停止、行政価格等の期中改定、経営安定対策の充実強化等が明記されました。この素案について、私からは、「配合飼料価格安定制度は異常補てん基金等からの借り入れとなるが、現在も市中銀行から900億円を借りているところに、さらに借金をするわけで、これをどう返済していけるのか。最終的にはメーカーと生産者の負担が増大してしまうのではないか。たとえば、国で徳政令といったことを検討できないのか」と意見を述べさせていただきました。

日本の活力創造特命委員会では、「日本の活力創造総合戦略」(中間とりまとめ)案が示され、承認されました。農業関係では、詳細は省略しますが、米飯・米粉・飼料米の需要拡大や、米の輸出拡大が明記されました。

夕刻には、国会事務所にて、関東の酪農家の皆さんから要請を受けました。農水省の統計上の経営状態よりも、酪農家の現状ははるかに厳しいようです。政策の実現には、一年生議員の私では力不足のため、酪農家の皆さんには、後日に西川農業基本政策小委員長と葉梨畜酪対策小委員長のお二人への面会をお約束させていただきました。

深川政府倉庫を視察(1)
深川政府倉庫を視察(1)
深川政府倉庫を視察(2)
深川政府倉庫を視察(2)
岩関東の酪農家の皆さんから要請
関東の酪農家の皆さんから要請
2008年6月4日(水)無駄遣い撲滅!
鹿児島の皆さんから要請
鹿児島の皆さんから要請

朝8時から、自民党にて、無駄遣い撲滅プロジェクトチーム(文教・科学技術等)に出席しました。このプロジェクトチームは、道路特定財源の議論の際に「役所の無駄遣い」ばかりが問題となって政策的な議論が行われなかったことの反省として、福田総理の指示により設立されたものです。

私は「文教・科学技術等」の分野に配属され、この日が初会合となりました。私からは「別の分野を勉強させてもらういい機会をいただいた」「役人は担当が代わると一生懸命に仕事を作ろうとし過ぎるのではないか」「難しすぎて使えない事業がたくさんあることが問題」等を発言しました。

また、今後の会合は、一言で言うと「監査」を行うことになるようです。財務省の主計局がチェックしてもなかなか見つからない無駄遣いを私が見つけることができるのか、いささか疑問点はありますが、しっかり取り組みます。

続いて、国会対策委員会、議員総会、本会議、予算委員会、国民生活・経済に関する調査会に出席しました。

佳境を迎えている畜産酪農対策については、鹿児島、全中、全農の関係者から要請を受けました。

なお、岩手県農林年金受給者連盟から講演の依頼をいただいていましたが、国会日程のため東京を離れることができず、出席することができませんでした。岩手の皆さん、申し訳ありませんでした。

2008年6月3日(火)厚生労働委員会

委員差し替えにより、厚生労働委員会に出席しました。

国会対策委員会から「いつ事態が急変するかわからないので中抜けも許されませんよ」ときつく言われたこともあり、午前10時から午後4時過ぎまで、大きな政治課題となっている後期高齢者(長寿)医療制度の質疑をじっくりと聞くことができました。

委員会の最後には、野党提出の「後期高齢者医療制度の廃止等及び医療に係る高齢者の負担の軽減等のために緊急に講ずべき措置に関する法律案」いわゆる「後期高齢者医療廃止法案」の強行採決が行われました。委員長席へ走ろうかと一瞬身構えましたが、ちょっとひるんだら終わっていました。様々な意味で良い経験になりました。

なお、後期高齢者(長寿)医療制度についての私の考えなどは、メールマガジンNo.105に詳述させていただきましたので、ぜひご一読ください。

自民党では、北陸・信越ブロック両院議員会議に出席しました。この他にも、飼料米等の給餌方法に関する勉強会、バイオマス利活用推進基本法案プロジェクトチーム、無駄遣い撲滅プロジェクトチーム等の会合が開催されていましたが、厚生労働委員会のため出席することができませんでした。

2008年6月2日(月)静岡にて

静岡にて、静岡県農政対策委員会に出席し、「当面する農政課題について」と題して講演させていただきました。

夕刻には、東京に戻り、農政ジャーナリストの会のパーティーに出席しました。

2008年6月1日(日)クールビズ開始 ~緑ネクタイ危うし!?~
クールビズ
クールビズ

今年も6月1日から、福田総理や大臣をはじめ、多くの国会議員が実践する「クールビズ」がスタートしました。

私は・・・というと、クールビズが地球温暖化対策の一環で国を挙げての運動ということは重々承知してはいるのですが、トレードマークの緑のネクタイを外してよいものかどうか、思案中です。

緑ネクタイを外すべきか、外さざるべきか・・・、それが問題だ。

国会議員の悩みは尽きません。

バックナンバー一覧はこちら