参議院議員 山田としお

全国農業協同組合中央会(JA全中)元専務理事

山田の近況

  • メールマガジン申し込み
  • 山田としお facebook
  • 山田としおオフィシャルブログ 農家と共に生きる
  • 山田のつくった法律
  • 山田としおの足あと
  • 山田としおの足あと
  • ご意見・ご声援
  • 後援会のご案内
  • 絆 がんばろう日本!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 自民党米作りプロジェクト

山田の近況

2008年11月

2008年11月30日(日) 富山にて(農林年金受給者連盟全体会議)
富山県農林年金受給者連盟全体会議
富山県農林年金受給者連盟全体会議

富山県で農林年金受給者連盟全体会議に出席し、「食料をめぐる国際情勢と日本農業の方向性」と題して講演しました。

夕刻には、翌日に備えて空路で東京に戻りました。

2008年11月29日(土) 富山にて(女性大会)

富山県にて、JA富山県女性大会に出席し、祝辞を述べさせていただきました。

また、砺波地区JA青年協40周年記念集会に出席しました。

JA富山県女性大会(1)
JA富山県女性大会(1)
JA富山県女性大会(2)
JA富山県女性大会(2)
砺波地区JA青年協40周年記念集会
砺波地区JA青年協40周年記念集会
2008年11月28日(金) 議員総会で発言!!

朝8時から自民党本部にて、農地政策検討スタディチームに出席しました。経済財政諮問会議への対応がテーマとなり、農地改革プランについて議論となりました。

日経1面に農業への企業参入を解禁するかのような記事が掲載されたこともあって、議論は伯仲。私は「国交省を含めて、農地を荒らさないという、高い理念が必要」「経済財政諮問会議に評価されるような方向で見直したら、農業者は一斉に反発する」「所有はそのままとして「返せ」と言われたらすぐに返せるようにすべき。利用も具体的方法を示すべき」「農業団体を含めて、いたずらな転用を徹底的に規制する運動が必要」旨を発言しました。

出席議員からは否定的な意見も出されたことから、次回に再度議論することとなりました。

続いて、9時20分から国会対策委員会、同45分から議員総会、10時から本会議に出席しました。

議員総会では、国会対策委員長の指名を受けて、自民党参議院議員全員の前で発言しました。

発言内容は、民主党が参議院に提出した農協法等の法改正案において、「組合は、これを特定の政党のために利用してはならない」という条文を追加しようとしていることに対して、JA全中、全森連、全漁連が発した抗議声明の報告でした。

それぞれの組合は、構成する組合員の営農や生活の向上を目的にしていることから、活動上、政治的要求とその実現への働きかけが課題となります。こうした政治活動は、公職選挙法や政治資金規正法に抵触しない範囲において、公務員などを除いたほぼ全ての個人や法人に認められているものです。

1つの条文が加わることにより、この政治活動に様々な規制が生じたり、組合自身も活動を自粛してしまいかねません。それでは地域の課題や食や農の課題には取り組めないし、WTO等の課題にも農業者の切実な要求は反映できなくなってしまいます。

したがって、民主党の提案は、組合員の意向を受けた組合の取り組みを制限しようというものであり、農業つぶし、林業つぶし、漁業つぶしにつながるもので、断じて容認できないと、皆さんの前で発言させていただきました。

(この詳細はメールマガジンNo.129を参照ください)

また、農水省からレクチャーを受けたほか、午後には、自民党本部にて税調小委員会に出席しました。

夕刻には、空路で富山に移動し、小矢部市の中西議長就任祝賀会に出席しました。

自民党参議院議員総会
自民党参議院議員総会
自民党参議院議員総会で発言!
自民党参議院議員総会で発言!
2008年11月27日(木) WTO交渉 政府一体の取り組みを

朝8時から、自民党本部にて相続税納税猶予に関する勉強会に出席し、関係議員と団体で意見交換しました。

引き続き自民党本部にて、21年度農林関係税制改正要望担当議員全体会合に出席した後、全国山村振興連盟の通常総会に出席しました。

午後は、JA全中が主催した「相続税等税制要望・都市農地保全対策実現全国緊急集会」に出席したほか、群馬県青年部、富山県青年部に事務所を訪問していただきました。

その後は、自民党本部にて税調小委員会、農林水産物貿易調査会に出席しました。農林水産物貿易調査会では、13日にも始まる閣僚会合の開催を控え、ファルコナー農業交渉議長のまとめた議長案「重要品目数は原則4%」「関税割当数量は3~4%の拡大」「重要品目を追加するにはさらなる代償を求める」についての説明がありました。

このような緊迫した情勢を受けて、私は「数ヶ月前に洞爺湖サミットで食糧増産の話をしたばかりなのに、今は輸出国主導の議論に戻ってしまっている。この間、農水省は何をしてきたのか」「2005年の香港閣僚会合での小泉イニシアチブによる3年100億ドルのアフリカ諸国への援助はどうなっているのか」「政府一体取り組みとすべき、総理も入った関係閣僚会議を早急に開催すべき」「地方からは、『これを取りに行く』というものがないと農業団体はジュネーブでの自民党・政府・団体の三者会議に参加すべきでない、という声が上がっています。そうなったら選挙にならない」と発言しました。

わが国にとって、貿易の拡大は至上命題ですが、食と農をこれ以上破壊させるわけには絶対にいきません。各国の農業生産を振興するとした、つい5か月前の洞爺湖サミットでの各国首脳の決意の実現に向け、新しいWTO交渉を作り上げることが、わが国の責務です。そうした気概を、総理のリーダーシップによる関係閣僚会議で打ち出してほしいものです。

(この詳細はメールマガジンNo.131を参照ください)

JA全中集会(1)
JA全中集会(1)
JA全中集会(2)
JA全中集会(2)
群馬県青協の皆さんと
群馬県青協の皆さんと
富山県青協・森下委員長と
富山県青協・森下委員長と
2008年11月26日(水)参議院農業・農協研究会で議論白熱

朝8時から、新潟県の要請集会に出席しました。 9時25分から国会対策委員会、同45分から議員総会、10時から本会議に出席しました。また、同時刻に事務所を訪問いただいたJAいなば篠岡組合長に国会内でご挨拶しました。

午後は、第2回目となる参議院農業・農協研究会に出席しました。

金融機能強化法案について農水省および農林中金、農業団体における政治的中立について農水省およびJA全中からヒアリングを行いました。先生方から活発な意見が出て、議論が白熱しました。

私は「協同組織の政治的中立は、項目は1条だが細かい指導がいっぱい入ってきて、何もできなくなる。協同組織は政治的中立というが、JAは政治活動せざるを得ない。相当な危機感を持ってやらないととんでもないことになる。民主党のやろうとしている政治的中立は、経済界のJA潰しと同じだ」と発言しました。

このほか、農水省から相続税納税猶予についてレクチャーを受けたほか、農水省に石破大臣を訪問し、意見交換させていただきました。

2008年11月25日(火) 税調で発言!!

税調小委員会に出席しました。終日、各部会から部会としての要望事項を聞くヒアリングが行われました。

午前は、財務金融部会のヒアリングがありました。財務金融部会では、重点要望でたばこ増税に反対しながら、個別事項では外国のたばこ並みに価格を上げて増税すべきとする要望が掲載されていました。また、相続税の課税方式を遺産取得課税方式に変更せよ、という要望も掲載されていました。両方とも私にとっては到底容認できない事項です。

そこで、私は「津島会長と柳沢委員長にお願いしたい。今、自民党は大政局にある。いたずらな対立を生むような論議は控えるべきではないのか。大きくは道路特定財源の扱いであり、相続税の課税方式であり、たばこ増税である。党が混乱している印象を与えるようではいけない。党税調としての基本方針を掲げて進めてほしい」と発言しました。

正午には、都市農業研究会に出席しました。

午後も引き続き税調小委員会に出席。農林部会ヒアリングでは、「今、農業にとっての課題は、多様な担い手の育成と、食べてゆける経営づくりです。そのための最大の課題は、農地の扱いですが、最も難しい課題でもあります。この政局にありながら、最も難しい農地制度の見直しをやろうということなのです。個別の事項については触れませんが、どうぞ、農業者がこれなら農地の利用を譲ろうという気になるよう、党として今回の税調は農地について思い切った対策を講じたと言えるよう、農地関連税制に対策を講じてほしい」と発言しました。

(この詳細はメールマガジンNo.128を参照ください)

このほか、ARI研究所の森田氏に事務所を訪問いただいたほか、全国農業会議所、農水省からのレクチャーを受けました。

2008年11月24日(月) 岐阜にて(JAめぐみの生産者大会)

岐阜県にて、JAめぐみの農家経営危機突破生産者大会に出席し、「日本の食と農業の方向性」と題して講演させていただきました。

2008年11月23日(日) 農林水産祭式典

明治神宮会館にて、農林水産祭式典に出席しました。

2008年11月22日(土) 千葉にて(風の村)

千葉県八街市にある風の村にて、生活クラブの池田理事長らと意見交換しました。

2008年11月21日(金) 慶應大学パネルディスカッション

朝8時半からWTO対策セミナーに出席しました。

その後、国会対策委員会、議員総会、本会議、災害対策特別委員会と続けて出席しました。

昼過ぎには、六本木ヒルズにて、慶應大学オープンリサーチ「危機的状況にある日本農業 ~IT技術が貢献できる食糧戦略~」に出席し、パネラーとして討論に参加しました。

そのほか、農水省、農林中金からレクチャーを受けました。

慶應大学パネルディスカッション(1)
慶應大学パネルディスカッション(1)
慶應大学パネルディスカッション(2)
慶應大学パネルディスカッション(2)
2008年11月20日(木) JA柏崎女性部の皆さんと

朝8時から農林部会に出席。21年度税制改正要望の部会要望が取りまとめられました。いよいよ税調での議論も本格化します。相続税、たばこ税などしっかり主張していきます!

JA柏崎女性部の皆さんが議員会館を訪問され、私から国政報告させていただきました。また、議員会館事務所と国会議事堂を見学していただきました。時間が押して国会議事堂の見学時間が短くなってしまい、皆さんには消化不良だったかもしれませんが、私は皆さんから大きなエネルギーをいただきました。どうもありがとうございます。

午後は、税調小委員会に出席したほか、斉藤斗志二先生にホッケー振興議連の設立について相談に伺いました。斉藤先生のお嬢さんが大学でホッケーをやっていらっしゃったこともあり、協力をいただけることになりました。斉藤先生、ありがとうございます。なんとか年内の立ち上げを目指していきます。

そのほか、農水省との打ち合わせを行いました。

JA柏崎女性部の皆さんと(1)
JA柏崎女性部の皆さんと(1)
JA柏崎女性部の皆さんと(2)
JA柏崎女性部の皆さんと(2)
JA柏崎女性部の皆さんと(3)
JA柏崎女性部の皆さんと(3)
JA柏崎女性部の皆さんと(4)
JA柏崎女性部の皆さんと(4)
2008年11月19日(水) 「参議院農業・農協研究会」が発足!!

朝8時から地域農業政策セミナーにて講演しました。

その後、神奈川県伊勢原市に移動し、神奈川県農業協同組合大会に出席、挨拶させていただきました。

挨拶後、伊勢原からすぐに永田町に戻り、「参議院農業・農協研究会」に出席しました。第1回目の立ち上げとなる会合です。役員の選任が行われ、私は事務局長に就任させていただくことになりました。

今後は、農協の現状と課題について、農水省やJAグループをはじめ各方面からヒアリングを行い、成果を提言としてまとめることになりました。

(この詳細はメールマガジンNo.127を参照ください)

このほか、農水省、内閣府からレクチャーを受けました。

夕刻には、宮城県青年部・女性部要請集会に出席。貴重なご意見をたくさんお聞きすることができました。

参議院農業・農協研究会(1)
参議院農業・農協研究会(1)
参議院農業・農協研究会(2)
参議院農業・農協研究会(2)
2008年11月18日(火) 茨城、新潟にて(講演)

午前は、茨城県土浦市にて、茨城県農業振興大会に出席し、「食料をめぐる国際情勢と日本農業の方向性」と題して講演しました。

この日は、民主党が金融機能強化法改正案の審議と関連させて「組合を特定の政党のために利用してはならない」との農協法改正案を提案する旨の報道がされたことから、出席者からは、「農業振興政策の積み上げや国会議員への働き掛けが抑制されるのではないか」「JAの営農・生活の取り組み活動が潰されるのではないのか」との意見が出されました。

その後は、新潟県に移動。明日の農業を考える懇談会に出席し、国政報告させていただきました。皆さんからの温かい激励をいっぱい受けました。ありがとうございました。

2008年11月17日(月)打ち合わせ

午前中に京都駅から新幹線に飛び乗って東京に戻りました。

射水市の石黒市議と梶谷市議、富山県の柴田農水部長、神奈川県農協青年部の皆さんに議員会館事務所を訪問いただきました。

また、JA全農、JA全中、農水省とそれぞれ打ち合わせを行いました。

射水市 石黒市議、梶谷市議と
射水市 石黒市議、梶谷市議と
神奈川県農協青年部 山本委員長ほか皆さんと
神奈川県農協青年部 山本委員長ほか皆さんと
2008年11月16日(日) 京都にて(中川先生セミナー)

京都にて、中川泰宏先生の政経セミナーに出席しました。

(この詳細はメールマガジンNo.126を参照ください)

2008年11月15日(土) 石川にて(講演)

石川県のJA小松市で、「食と農から広げよう、いのちの政!」と題して講演しました。

土曜日の夜7時からの講演会にも関わらず、500名を超える方々に出席していただきました。農業をとりまく情勢と課題を話しましたが、皆さんの期待にこたえられたかどうか心配です。

ところで、講演の途中から、森喜朗元総理がそっと後ろの席に座られました。私は、市場原理と農業構造改革を主張してやまない経済財政諮問会議のあり方等を過激に批判していた最中でしたが修正がきかず、そのまま話を続けました。脇の下からは冷や汗が流れました。

2008年11月14日(金) JA東びわこ研修会

朝8時から、自民党本部にて事業承継問題検討小委員会に出席しました。農業者だけでなく、中小事業者の間にも相続税の遺産取得課税制度への変更について、強い反対意見があることを知りました。今後の税調での議論においては、商工系の先生方ともうまく連携して主張してきたいと思います。

また、自民党本部では、無駄撲滅プロジェクトチームに出席しました。

午後は、議員会館内の会議室で行われたJA東びわこ研修会に出席し、「これからの農政のあり方とJAへの提言」と題して講演しました。出席されたのが金融委員会の皆さんということもあって、昨今の金融危機や、金融機能強化法案における農林中金の取扱い等について説明しました。出席者からは、事故米についての質問が多く出されました。金融委員会の皆さんでも、やはり今の最大関心事は「事故米」のようです。

このほか、農水省と大麦について入念な打ち合わせを行いました。

JA東びわこの皆さんと
JA東びわこの皆さんと
豊郷町の伊藤町長(JA東びわこ役員)と
豊郷町の伊藤町長(JA東びわこ役員)と
2008年11月13日(木) 西多摩地区都市農業危機突破大会

昼休みを挟んで午前10時から午後4時まで、農林水産委員会に出席しました。

正午には、全国農政連およびJA全厚連の川井田会長が議員会館事務所に来室されました。

夜は、あきる野市にて、西多摩地区都市農業危機突破大会に出席し、情勢報告をさせていただきました。大会のメインテーマは、相続税の遺産取得課税制度への変更阻止です。相続税について改めて勉強するとともに、お集まりになった皆さんの決意を受け止めました。

なお、西多摩地区の3JAは、昨年の選挙戦において、家内が代理で伺わせていただいたこともあって、皆さんからは「ようやく顔を出したか」と冷やかされました。申し訳ありませんでした。

2008年11月12日(水) たばこ買入価格が決定!

自民党本部にて、たばこ塩産業特別委員会に出席しました。

来年産の葉タバコ買い入れ価格は前年より3.52%引き上げの1,910円52銭、耕作計画面積は前年より991ヘクタール減の16,110ヘクタールに決定しました。買い入れ価格の引き上げは、生産資材価格高騰を反映したもので、なんと26年ぶりのことです。次の課題は、自民党税調におけるたばこ税増税阻止です。頑張ります!

このほか、午前は、一川保夫先生と意見交換、アグリツーリズム協会と打ち合わせを行いました。

午後は、協同農業普及事業60周年記念大会に出席したほか、JA全中と集荷円滑化対策、農水省と果樹対策について、それぞれ打ち合わせを行いました。

夕刻には、稲田朋美先生が来室され、私と一緒のポスター撮影を行いました。このような大役が私でいいのかと心配になりますが、大変に光栄なことです。ありがとうございます。

2008年11月11日(火) 農林水産委員会、自民党税調がスタート

農林水産委員会に出席しました。麻生内閣が誕生し、石破農相が就任してから初めての農林水産委員会です。石破大臣の就任あいさつ、事故米事案の説明が行われました。臨時国会の会期末は11月30日とあまり日がありませんが、農政課題は山積しています。農林水産委員会の活発な開催と積極的な議論を望みます。

自民党では、たばこ塩産業特別委員会に出席しました。来年産の葉たばこ買入価格と耕作面積を議論することが目的の委員会ですが、出席議員の関心は、たばこ税増税問題にあり、多くの意見が出されました。私は「たばこ農家は生産面だけでなく、地域社会で様々な役割を果たしている。税調でしっかりと発言していきたい」と発言しました。

昼には、JAグループ群馬の懇談会に谷津先生と一緒に出席しました。私からは、先日に群馬県内を回らせていただいたことの御礼と、金融機能強化法案の情勢を説明したことに加えて、1.多様な担い手をどうつくりあげるか 2.農地制度をどう仕組むか 3.JAの問題にどう取り組むか 4.WTO交渉の行方――以上4点を今後の課題として提起しました。

午後は、全国たばこ耕作組合長・代表者会議に出席し、挨拶しました。

夕方には、自民党本部にて税制調査会総会に出席しました。ここから自民党税調での本格議論がスタートです。「食」と「農」の抱える課題と必要な税制措置について、目いっぱい声を張り上げて主張していきます!

群馬懇談会(1)
群馬懇談会(1)
群馬懇談会(2)
群馬懇談会(2)
全国たばこ耕作組合長・代表者会議(1)
全国たばこ耕作組合長・代表者会議(1)
全国たばこ耕作組合長・代表者会議(2)
全国たばこ耕作組合長・代表者会議(2)
たばこ塩産業特別委員会で発言
たばこ塩産業特別委員会で発言
2008年11月10日(月) 関係者打ち合わせ

先日に山谷えり子先生に相談いただいた件について、JA全中と打ち合わせを行いました。

また、農水省の各部署や、財務省から相続税の課税制度の変更についてレクチャーを受けました。

たばこ税増税問題については、全国たばこ耕作組合中央会の税所会長と今後の進め方について戦略を練りました。

夕刻には、参議院で審議入りした金融機能強化法案への対応について、JA全中ほか関係者と打ち合わせしました。

2008年11月8日(土) 富山にて(JAいなばデイサービスセンター竣工式)

富山県にて、JAいなばデイサービスセンター竣工式に出席し、祝辞、テープカットを行いました。

JAいなばデイサービスセンター竣工式で祝辞
JAいなばデイサービスセンター竣工式で祝辞
JAいなばデイサービスセンター竣工式でテープカット
JAいなばデイサービスセンター竣工式でテープカット
2008年11月7日(金) 金融機能強化法案が審議入り、長野にて(講演)

朝9時より、一昨日に先生方と打ち合わせをした研究会の立ち上げについて、中川義雄先生と打ち合わせを行いました。

9時20分からは国会対策委員会、同45分からは議員総会、10時からは本会議に出席しました。

本会議では、金融機能強化法案と保険業法案の趣旨説明および質疑が行われました。金融機能強化法案の衆議院での議論では、新銀行東京と並んで農林中金の扱いが焦点となり、大変に気を揉んでいたところです。参議院では速やかな審議をお願いしたいものです。

本会議終了後は、東京駅から新幹線に飛び乗って長野県へ向かい、長野県JA大会に出席し、「これからの農政のあり方とJAへの提言」と題して講演させていただきました。

その後は翌日に備えて、富山県に移動しました。

2008年11月6日(木) 愛知にて(国政報告)

早朝の新幹線で愛知県へ移動しました。

岡崎市で開催された愛知県JA常勤役員研修会にて、「食料問題と日本の農政」と題して講演させていただきました。

2008年11月5日(水) 先生方との打ち合わせ

午前は、山谷えり子先生と打ち合わせしました。興味深い提案をいただきました。うまく実現できるよう、頑張ってみます。

午後は、JTからたばこ税増税問題についてレクチャーを受けました。

また、農業やJAに関する研究会の立ち上げを検討すべく、岩永浩美先生、吉田博美先生、野村哲郎先生と打ち合わせを行いました。良い研究会ができそうです!

2008年11月4日(火) 島根にて(視察、国政報告)

雲南市にて、建設業経営者等の方々が経営されている「有限会社だんだんファーム掛合」を視察しました。香川社長からは様々なご意見やご要望を伺いました。さっそく対応させていただきます!

また、JA雲南にて、国政報告させていただきました。

この2日間、たくさんの方々のご尽力により、貴重な時間を過ごすことができました。どうもありがとうございました。

夕刻には、東京に戻り、全国みかん生産県議会議員対策協議会意見交換会に出席しました。

だんだんファーム掛合を視察(1)(景山俊太郎氏提供)
だんだんファーム掛合を視察(1)(景山俊太郎氏提供)
だんだんファーム掛合を視察(2)(景山俊太郎氏提供)
だんだんファーム掛合を視察(2)(景山俊太郎氏提供)
2008年11月3日(月) 島根にて(JAいずも大会、国政報告)

島根県にて、JAいずも農業経営危機突破大会に出席し、挨拶させていただきました。

また、浜田市、大田市、斐川町の3会場にて、国政報告をさせていただきました。

2008年11月2日(日) 東京都農業祭

東京都農業祭の開会式に出席しました。

夕刻には、明日に備えて空路で島根県へ移動しました。

2008年11月1日(土) 千葉にて(流山市民まつり)

千葉県にて、流山市民まつりに出席し、挨拶させていただきました。

バックナンバー一覧はこちら