参議院議員 山田としお

全国農業協同組合中央会(JA全中)元専務理事

山田の近況

  • メールマガジン申し込み
  • 山田としお facebook
  • 山田としおオフィシャルブログ 農家と共に生きる
  • 山田のつくった法律
  • 山田としおの足あと
  • 山田としおの足あと
  • ご意見・ご声援
  • 後援会のご案内
  • 絆 がんばろう日本!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 自民党米作りプロジェクト

山田の近況

2009年9月

2009年9月30日(水) 大河ドラマ「木曽義仲・巴御前」の実現を

11時より、参議院農業・農協研究会に出席。今後のJAグループの課題等について、活発な意見交換がありました。

13時30分には、小矢部市自治会連合会の皆さんとNHK放送センターを訪問。大河ドラマ「木曽義仲・巴御前」の実現に向けて、NHKの山本ドラマ番組部長らに要請しました。NHKからは「ドラマ化できるか研究中であり、長い目で見て欲しい」との話がありました。また、NHKが木曽義仲を題材にした大河ドラマの要望を受けたのは、富山・長野両県知事、石川県津幡町に続いて3回目とのことですが、私はその全3回に同行したことになりました。

小矢部市では、オリジナルキャラクター「よしなかくん」バッジを作成しており、今回は自治会連合会と私の全員がバッジを着けての要望活動となりました。このほかにも、木曽義仲をテーマにした市民講座の活発な開催や、テレビ番組で木曽義仲の生涯を全12回にわたり放送するなど、地域での運動は盛り上がりつつあります。大河ドラマの実現はもちろんのこと、この運動を地域活性化におおいに役立てて欲しいものです。

その後は、読売新聞の取材を受けたほか、全国たばこ耕作組合中央会の石原専務、大橋常務、全国たばこ販売協同組合連合会の西原組合長に会館事務所を訪問いただきました。

参議院農業・農協研究会(1)
参議院農業・農協研究会(1)
参議院農業・農協研究会(2)
参議院農業・農協研究会(2)
小矢部市自治会連合会とNHKに要請(1)
小矢部市自治会連合会とNHKに要請(1)
小矢部市自治会連合会とNHKに要請(2)
小矢部市自治会連合会とNHKに要請(2)
よしなかくんバッジ
よしなかくんバッジ
2009年9月29日(火) マスコミ取材

JA埼玉県中央会の江原会長、埼玉県農政連の吉田会長ほか皆さんに会館事務所を訪問していただきました。

親戚の山﨑さん母子、JAいなば岡田常務に会館事務所を訪問していただきました。

また、最近は毎日の恒例行事になりつつありますが、本日も大手マスコミ2社の取材を受けました。政権交代後の農政、JAの動向がおおいに注目されているということなのでしょう。

夜は、虎ノ門パストラル感謝の夕べに出席したほか、小矢部市自治会連合会の皆さんと意見交換しました。

JA埼玉県中央会ほかの皆さんと(1)
JA埼玉県中央会ほかの皆さんと(1)
JA埼玉県中央会ほかの皆さんと(2)
JA埼玉県中央会ほかの皆さんと(2)
小矢部市自治会連合会と意見交換(1)
小矢部市自治会連合会と意見交換(1)
小矢部市自治会連合会と意見交換(2)
小矢部市自治会連合会と意見交換(2)
2009年9月28日(月) 谷垣新総裁が誕生!

14時より、党総裁選挙の投開票が行われ、谷垣候補300票、河野候補109票、西村候補54票で、谷垣偵一新総裁が誕生しました。谷垣総裁、おめでとうございます。挙党一致で頑張りましょう!

15時からは、党大会に代わる両院議員総会に出席しました。

そのほか、日経新聞の取材を受けました。

2009年9月26日(土) 神奈川にて(同窓会)

神奈川県にて、首都圏高岡高校同窓会に出席しました。

2009年9月25日(金) 富山にて(篠岡県議が誕生!)

富山県にて、9時より、県議補選の篠岡候補出陣式に出席しました。

篠岡候補の対抗馬が立候補を断念したため、夕刻には、無投票での当選が決まりました。篠岡先生、おめでとうございます。これまでのJAいなば組合長としての多大なご厚情に感謝するとともに、今後も引き続き手を取り合って頑張っていきましょう。

また、刀利ダムを視察しました。

当選祝賀会でお祝いさせていただいた後は、明日の日程に備えて最終の飛行機で東京へ移動しました。

篠岡候補出陣式
篠岡候補出陣式
刀利ダムを視察(1)
刀利ダムを視察(1)
刀利ダムを視察(2)
刀利ダムを視察(2)
刀利ダムを視察(3)
刀利ダムを視察(3)
2009年9月24日(木) 埼玉にて(意見交換)

JA埼玉県中央会を訪問して意見交換したほか、明日の日程に備えて、電車で富山県へ移動しました。

2009年9月23日(水) ふるさと回帰フェア2009

早大で開催された「ふるさと回帰フェア2009」に出席しました。

JA全中と連合が組んでスタートしたNPO法人「ふるさと回帰支援センター」が主催したもので、今回は会場を大手町のJAビルから早大に移しての開催となりました。

会場を回り、地方の自治体が定年帰農者や若者の新規就農を受け入れる動きをつくり、農水省をはじめ総務省等も予算をつけていることもあって、これが大々的な動きとなっており、時代が変わっていることを実感しました。

※ ふるさと回帰フェア2009の詳細は、メールマガジンNo.162もあわせてご覧ください。

2009年9月22日(火) 富山にて(献穀斉圃抜穂祭))

8時30分より、小矢部市にて、富山県議補選に立候補を予定している篠岡候補の事務所開きに出席しました。

10時からは、砺波市にて献穀斉圃抜穂祭に出席し、ご挨拶させていただきました。

これは、毎年11月23日に宮中で行われる新嘗祭に米を献穀するもので、本年は砺波市の柴田吉郎さんが10月29日に宮内庁に出向いて米1升を献上されるそうです。神社の宮司さんによるお祓い等に続き、柴田さんの圃場にて、刈女(高校1年生から小学1年生までの女子5名)が太鼓の音にあわせて稲狩りを行いました。

午後は、献穀斉圃抜穂祭祝賀会に出席した後、夕刻には飛行機で東京に向かいました。

献穀斉圃抜穂祭
献穀斉圃抜穂祭
献穀斉圃抜穂祭(1)
献穀斉圃抜穂祭(1)
献穀斉圃抜穂祭(2)
献穀斉圃抜穂祭(2)
2009年9月21日(月) 富山にて(意見交換)

富山県にて、関係者と意見交換しました。

2009年9月20日(日) 富山にて(意見交換)

富山県にて、関係者と意見交換しました。

2009年9月19日(土) 新潟にて(意見交換)

新潟県にて、関係者と意見交換しました。。

2009年9月18日(金) 党総裁選告示

党総裁選の告示を迎えました。

10時30分より、党本部にて、党総裁選挙候補者所見発表演説会に出席。メモを取りながら、西村先生、谷垣先生、河野先生の3候補の演説を聞きました。

午後は、14時から開会式に出席。

開会式終了後は、俳優の菅原文太さんが新たに立ち上げる農業生産法人の打ち合わせ会に出席しました。

その後、15時から農林水産委員会、災害対策特別委員会、消費者問題に関する特別委員会、国民生活・経済に関する委員会、予算委員会に続けて出席。いずれも案件は閉会中手続きで、開催時間は全て2~3分程度でした。

15時55分から国会対策委員会、16時15分に議員総会、16時30分より本会議に出席。本会議では閉会中の継続審査等が案件となりました。

2009年9月17日(木) 講演ほか

8時より地域農業政策セミナーにて講演。衆院選、昨日の党再生会議、石破前大臣による米政策私案、マスコミ各社のJAに対する見方等について、私なりの分析をお話しました。

このほか、日中は各先生方との打ち合わせ、夕刻には週刊誌の取材を受けました。

2009年9月16日(水) 党再生に向けて激論
党再生会議で発言
党再生会議で発言

8時より、自民党本部にて農林部会に出席。21年度補正予算の執行状況、米、豚肉を巡る状況について農水省から説明があった後、議論となりました。

私は「石破大臣が昨日に出した米政策の2次シミュレーションには納得できない」「党に事前説明が無いばかりか、大臣の私案は、選挙戦で我々が批判してきた民主党の農業政策をほとんど取り入れたものだ。こんなことでいいのか」と批判しました。稲田朋美先生からも同様の発言がありました。

その後は、国会内にて、9時25分より国会対策委員会、同45分より議員総会、10時より本会議に出席。本会議終了後は、災害対策特別委員会、消費者問題に関する特別委員会に出席しました。

午後は、14時30分より、本日2回目となる本会議に出席。首班指名選挙が行われ、民主党の鳩山代表が首相に選出されました。

16時からは、自民党本部にて党再生会議に出席。出席議員からは、衆院選の敗因分析のみならず執行部への批判も多く出されました。私は「麻生総理は『行き過ぎた市場原理主義からの決別』を表明したが、このことを具体的にどう訴えるのかについての議論もなく、党としての戦略がないままに、後は候補者個人が頑張れ、というだけの選挙になってしまったのではないか」「自民党には他党にはない強みとして、地方にしっかりした組織があり、各地の党支部で議論をして政策につなげるべきだ。そのための体制作りをしっかりして欲しい」旨を執行部に注文しました。

2009年9月15日(火) 全森連にご挨拶

全国森林組合連合会を訪問し、宮崎会長にご挨拶させていただきました。

あわせて、全国漁業協同組合連合会も訪問し、ご挨拶させていただきました。

また、夕刻に、退任を明日に控えた石破大臣が記者会見を行い、米政策の第2次シミュレーション結果を公表しました。その中で大臣は、「生産調整を実質選択制とし、生産量の増加によって予想される米価下落に対しては、生産調整に参加した農業者に対して補てんを行う」とする私案を発表しました。詳細内容については一晩かけて熟読してから論評させていただきますが、最後になってここまで言うのかと、ただ驚きました。

※ 石破私案に対する私の考え方は、メールマガジンNo.161をご覧ください。

2009年9月14日(月) 意見交換

谷本たかし先生と意見交換しました。

2009年9月12日(土) 富山にて(高岡開町400年記念式典)

富山県にて、高岡開町400年記念式典及びレセプションに出席しました。

2009年9月11日(金) 富山にて(意見交換)

午前は、新作著書の打ち合わせをしました。

午後は、富山へ移動し、JAいなば関係者らと意見交換しました。

2009年9月10日(木) 衆院選後初の農林部会

早朝に山形を発ち、新幹線で東京へ。

10時30分より、自民党本部にて農林部会に出席。衆院選後初の党の部会です。

21年度補正予算の執行状況、22年度概算要求、米、豚肉を巡る状況について農水省から説明を受けた後に議論が行われました。私は「政局はあっても作物は育つ。自民党議員が1人もいない県もあり、農業者は不安にかられている。自民党はかくのごとく農政に取り組むというものを示さなくてはいけない」「民主党は補正予算を一部執行停止するということだが、現場からの要望が強い農機リース事業はしっかり進めるべき」「コメは20年産米の在庫やMA米の状況も分析したうえで対策を打つべき」「豚肉の調整保管は、政権交代とは関係なく行政庁として一定の基準をもって決断すべき」旨を発言しました。

また、総裁選についてテレビ局のインタビューに答えました。

午後は、JA福光の斉田組合長に会館事務所を訪問いただいたほか、新作著書の打ち合わせ、新聞社からの取材を受けました。

党農林部会(1)
党農林部会(1)
党農林部会(2)
党農林部会(2)
テレビ局の取材に対応
テレビ局の取材に対応
2009年9月9日(水) 富山にて(舟根組合長葬儀)

早朝の飛行機で羽田空港から富山空港へ。

富山県にて、JAみな穂の舟根組合長の葬儀に参列しました(正確には葬儀前にご遺族にご挨拶させていただきました)。

その後は、電車にて大宮駅を経由して山形へ向かいました。

夕刻には、山形県にて、北海道・東北地区JAトップセミナーに出席し、挨拶しました。

2009年9月8日(火) 両院議員総会

自民党本部にて、両院議員総会に出席。冒頭、麻生総理並びに細田幹事長から衆院選の結果についてお詫びがありました。「白票を投じるべきではないか」、「麻生総理以外の誰かの名前を選んで投票すべきではないか」といった意見のあった首班指名選挙については、両院議員総会の会長である若林先生に投票することで決定しました。

夕刻には、新聞社からの取材を受けたほか、全農と21年産米の作柄や価格見通しについて意見交換しました。政権が交代しても、季節は巡り作物は育ちます。農政課題は待ったなしです。

2009年9月7日(月) 麻生総理とたばこ中央会を訪問

麻生総理に同行して、全国たばこ耕作組合中央会を訪問しました。

麻生総理とたばこ中央会を訪問(1)
麻生総理とたばこ中央会を訪問(1)
麻生総理とたばこ中央会を訪問(2)
麻生総理とたばこ中央会を訪問(2)
2009年9月6日(日) 著書打ち合わせ

新作著書について、関係者と意見交換しました。

2009年9月5日(土) 著書執筆

新作著書の最終稿を執筆しました。

2009年9月4日(金)取材対応

新聞各社より取材を受けました。

2009年9月3日(木) 広島にて(講演)

午前は、新作著書について、家の光ほかと打ち合わせを行いました。

午後は、羽田空港から広島空港に移動し、JA広島中央の平成21年産米集荷大会に出席し「農業政策と政党政権」と題して講演しました。

2009年9月2日(水) 群馬にて(ご挨拶)

群馬県にて、関係者にご挨拶に伺いました。

2009年9月1日(火) 自民党農政の再構築へ

今後の自民党農政の進め方について、関係者と意見交換しました。

バックナンバー一覧はこちら