参議院議員 山田としお

全国農業協同組合中央会(JA全中)元専務理事

山田の近況

  • メールマガジン申し込み
  • 山田としお facebook
  • 山田としおオフィシャルブログ 農家と共に生きる
  • 山田のつくった法律
  • 山田としおの足あと
  • 山田としおの足あと
  • ご意見・ご声援
  • 後援会のご案内
  • 絆 がんばろう日本!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 自民党米作りプロジェクト

山田の近況

2009年10月

2009年10月31日(土) 埼玉にて(国政報告)

午前は、早稲田にて、和敬塾ホームカミング大会に出席しました。

午後は、電車でさいたま市岩槻に移動。

JA南彩の総代研修会にて、政権交代後の国会の状況や戸別所得補償制度等を中心に国政報告しました。

若林組合長によれば、JA南彩の管内では、米粉生産が急速に拡大しており、今年は埼玉県の生産量600トンのうち165トン(作付40ha)を生産したそうです。管内では湿田が多いため米以外の作物を生産することは難しく、自民党が打ち出した水田フル活用の政策が大変に好評とのことです。今は野党の身ですが、生産現場のこうした取り組みが水泡に帰すことのないよう、民主党政権にもしっかり訴えていかなければなりません。

終了後は、再び早稲田に戻り、和敬塾の懇親会に出席しました。

JA南彩総代研修会で国政報告(1)
JA南彩総代研修会で国政報告(1)
JA南彩総代研修会で国政報告(2)
JA南彩総代研修会で国政報告(2)
JA南彩総代研修会で国政報告(3)
JA南彩総代研修会で国政報告(3)
2009年10月30日(金) 代表質問2日目:戸別所得補償制度で議論

9時25分より国会対策委員会、同40分より議院運営委員会、同45分より議員総会、10時から12時まで本会議に出席しました。

昼の休憩を挟んで、午後も13時より16時過ぎまで本会議に出席しました。

本会議では昨日に引き続き代表質問が行われ、わが党の小池正勝先生の質問に対して、鳩山総理から「野菜・果樹など地域における基幹的な農産物、酪農・畜産なども戸別所得補償制度の対象とする」旨の答弁がありました。野菜・果樹は、これまでの民主党案では戸別所得補償の対象とされていなかったものです。

私見を述べさせていただきますと、農水省の政務三役は政治主導で華々しく戸別所得補償制度のモデル実施案を打ち出しましたが、その案たるや「戸別」「所得補償」とは名ばかりで、生産調整の目標達成協力金みたいなものに過ぎません。

地域の実情や各農家の規模や実態を反映するものではなく、全国一律に定額で、全国平均の生産コスト(全部ではない)と全国平均の販売価格の差額を交付するものとなっています。農作等でその年の全国平均の米価が低落した場合は、定額部分に加えて生産コストを下回った額を上積みで補てんすることも行うといいますが、これとて地域の実情を踏まえるものではありません。

この点は、現行の水田農業経営所得安定対策と比べても不十分なものとなっています。両者の違いは、対象農家を限定せず全ての販売農家にしたことですが、これとて生産目標を達成すること(生産調整を行うこと)が前提であり、これも現行と同じです。

そう簡単に絵は描けないということなのです。まして、民主党が打ち出したのは、とりあえずはコメだけで、あとの作物は全く絵が描けていません。

私は、戸別所得補償制度の良いところは良いところとして伸ばし、不十分な点は改善を求めてゆきたい。しかしその場合、自分が、そして自民党が、将来のわが国の農業をどう描くのか、これまでの自民党のややもすると構造改革と市場原理導入に傾いた農政でなくて、地域と農業者をともに元気にする将来像を明らかにして臨まねばな りません。

2009年10月29日(木) 代表質問1日目

9時より政策審議会正副会長会議、同25分より国会対策委員会、同40分より議員総会、10時より本会議に出席。本会議では、代表質問が行われました。

本会議の昼休みを利用して、全国たばこ耕作組合の組合長会議に出席する予定でしたが、本会議が30分ほど長引いたため出席することができませんでした。皆さん、申し訳ありません。

午後は、16時30分より民主党マニフェスト検証チームに出席したほか、全国たばこ耕作組合中央会の葉たばこ審議会対策本部と意見交換を行いました。

2009年10月28日(水) 果樹の経営安定対策を確立へ

8時より、地域農業政策セミナーにて講演しました。

講演では、昨日の民主党マニフェスト検証チームでのやり取りや今後の自民党農政の進め方を中心にお話しさせていただきました。

9時30分からは国会対策委員会正副会長会議、11時からは自民党本部にて果樹農業振興議員連盟に出席。台風によるリンゴ被害の状況を農水省に質問したほか、「果樹の経営安定対策を民主党はどうするつもりかわからないが、制度設計は極めて難しい。まだ加入率の低い果樹共済に加入しやすくする仕組みなど、しっかり要求していくべきではないか」「党としても果樹対策は国会論戦の重要テーマであり、しっかり検討すべきだ」という旨を発言しました。なお、果樹農業振興議員連盟では副会長に就任することになりました。

午後は、党政調の吉田氏と今後の自民党農政の進め方、市川一朗先生と水田農業振興議員連盟の進め方、中曽根弘文先生とホッケー振興議員連盟の設立について、それぞれ打ち合わせしました。

夜は、鈴木基司君の保健文化賞受章を祝う会に出席しました。

2009年10月27日(火) 民主党マニフェスト検証チーム

午前は、全国たばこ耕作組合中央会、全国たばこ販売協同組合、JTから、たばこの抱える課題について意見交換しました。

12時からは、国会対策委員会正副会長会議に出席。

午後は、自民党本部にて、水産部会、民主党マニフェスト検証チームに出席しました。国会論戦の材料としますので戸別所得補償制度の具体的な問題点は、ここでは触れませんが、私は、民主党のマニフェスト批判を展開する前提として「自民党は構造改革を反省して、担い手づくりや所得補償を含めた農業・農村再生運動をどうやっていくかを打ち出すべきだ。我々は新しい農業・農村づくり運動をやるべきであり、そこに行き着くまでのステップを描いたうえで、民主党の戸別所得補償等の問題点を攻撃すべき」という旨を発言しました。

このほか、JA全中、JA全国共済会と打ち合わせしました。

2009年10月26日(月) 臨時国会スタート

いよいよ臨時国会がスタート。

9時より政策審議会正副会長会議、同25分より国会対策委員会、同40分より議院運営委員会、同45分より議員総会に出席しました。党人事で国会対策委員会はそのままに、新たに政策審議会副会長として国対担当となったので、国会開会中は出席する会議が多くなりそうです。

10時からは本会議に出席。議席の制定などを行い、10分足らずで終了しました。本会議後は、災害対策特別委員会に出席。

10時45分からは、場所を自民党本部に移し、両院議員懇談会に出席しました。谷垣総裁、大島幹事長の挨拶に続いて意見交換が行われ、小泉・竹中構造改革路線の総括を求める意見が相次ぎました。

11時20分には、再び国会内に戻り、議院運営委員会に出席しました。

13時からは、在位20周年を迎えられた天皇陛下をお迎えしての開会式に出席しました。

15時からは、2回目の本会議にて、鳩山総理の所信表明演説がありました。総理の演説は「友愛」を旗印に抽象的な話に終始した一方で、閣僚は皆一様にくたびれた顔を並べていました。総理と閣僚にズレが生じていると感じました。

その後は、農水省、JA全中とそれぞれ打ち合わせを行いました。

2009年10月25日(日) 石川にて(ござっさい祭り)

石川県津幡町にて、ござっさい祭りに出席し、ご挨拶しました。

ござっさい祭り(1)
ござっさい祭り(1)
ござっさい祭り(2)
ござっさい祭り(2)
2009年10月24日(土) 富山にて(メルヘンおやべオープン記念式典)

小矢部市道の駅「メルヘンおやべ」オープン記念式典に出席し、ご挨拶しました。

メルヘンおやべオープン記念式典(1)
メルヘンおやべオープン記念式典(1)
メルヘンおやべオープン記念式典(2)
メルヘンおやべオープン記念式典(2)
メルヘンおやべオープン記念式典(3)
メルヘンおやべオープン記念式典(3)
メルヘンおやべオープン記念式典(4)
メルヘンおやべオープン記念式典(4)
2009年10月23日(金) 富山にて(JA高岡訪問ほか)

富山県にて、高岡市議選の応援に伺いました。また、JA高岡の穴田組合長にご挨拶に伺いました。

2009年10月22日(木) 高知にて(講演)

熊本駅から電車を乗り継いで福岡空港へ。福岡空港から空路で高知空港へ飛びました。

高知県では、高知県農協連同友会定期総会にて「ひたむきに農政」と題して講演しました。

講演終了後は、空路で高知空港から羽田空港で乗り継いで富山空港に向かいました。

2009年10月21日(水) 新生農林部会が始動、熊本にて(視察ほか)

8時30分より、党本部にて農林部会に出席。新生農林部会がいよいよ始動です。党農林部会長代理及び野菜・果樹・畑作対策小委員長として「7月2日に党として甘味資源作物の取りまとめを行っており、民主党がこの取りまとめに沿った決定を行うように注視していく」「地方の生産現場の声をしっかり聞いて、取り組みを着実に進めていきたい」旨の挨拶をしました。

農水省より22年度概算要求及び戸別所得補償制度の検討状況、改正農地法の政省令等についてヒアリングした後、議論となりました。

9時からは同じく党本部にて、政権政策委員会に出席。本来は宮腰農林部会長が出席するところ、農林部会と時間が重複したために代理出席することとなりました。

終了後は、羽田空港から空路で熊本空港へ。

熊本県合志市にて、JT九州リーフセンターを視察しました。このほか、熊本市内にて、JA熊本県中央会を訪問したほか、全国たばこ耕作組合中央会の税所会長にご挨拶させていただきました。

なお、私は熊本出張のため不在となりましたが、JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんに国会見学にお越しいただきました。

農林部会
農林部会
JT九州リーフセンターを視察(1)
JT九州リーフセンターを視察(1)
JT九州リーフセンターを視察(2)
JT九州リーフセンターを視察(2)
JT九州リーフセンターを視察(3)
JT九州リーフセンターを視察(3)
JT九州リーフセンターを視察告(4)
JT九州リーフセンターを視察(4)
JT九州リーフセンターを視察(5)
JT九州リーフセンターを視察(5)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団 国会見学
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団 国会見学
2009年10月20日(火) 静岡にて(ご挨拶)、党農林部会長代理に就任!!

静岡県にて、静岡中部地区組合会長会議終了後にご挨拶させていただいたほか、JA静岡県中央会の田代会長を訪ねました。

午後は、参議院神奈川県選挙区補選に立候補されている、岩井候補の選挙事務所を訪問し、関係者の皆さんを激励しました。

その後、新幹線で東京に戻り、16時より自民党本部にて、農林部会正副会議に出席。22年度概算要求及び戸別所得補償制度の検討状況についてヒアリングした後、出席議員間において戸別所得補償制度を中心に議論となりました。

また、私は、党の役職として、農林部会長代理、野菜・果樹・畑作対策小委員長に就任することが決まりました。あわせて、現場を徹底的に歩くという谷垣総裁の方針にならって、農林部会でも全国行脚を行うこととなり、私がその事務担当となりました。

夜は、明日から海外出張となるJA全中の茂木会長をお見送りしました。

2009年10月19日(月) 神奈川にて(石井会長を訪問)、講演ほか

神奈川県にて、JA神奈川県中央会に石井会長、志村副会長を訪問しました。

また、参議院神奈川県選挙区補選に立候補されている、つのだ候補の選挙事務所を訪問し、激励しました。

午後は、東京に戻り、JA越後さんとう役員研修会に出席し、講演しました。

夜は、JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんにご挨拶し、激励させていただきました。

JA越後さんとう役員研修会(1)
JA越後さんとう役員研修会(1)
JA越後さんとう役員研修会(2)
JA越後さんとう役員研修会(2)
JA越後さんとう役員研修会(3)
JA越後さんとう役員研修会(3)
JA越後さんとう役員研修会(4)
JA越後さんとう役員研修会(4)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(1)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(1)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(2)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(2)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(3)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(3)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(4)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(4)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(5)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(5)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(6)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(6)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(7)
JAとなみ野女性部皇居勤労奉仕団の皆さんと(7)
2009年10月18日(日) 富山にて(講演ほか)
JA下新川地区女性組織協議会女性大会
JA下新川地区女性組織協議会女性大会

午前は、松永うの花農園を視察、「きたかんだの郷」オープニングセレモニーに出席したほか、JAいなば旧北蟹谷支店での農政講演会にて講演しました。

午後は、JAくろべ本店にて、JA下新川地区女性組織協議会女性大会に出席。「これからの農業と農政について」と題して講演しました。

夜は、翌日に備えて、空路で東京へ向かいました。

2009年10月17日(土) 富山にて(上田砺波市長後援会役員総会ほか)

富山県にて、篠岡県議との打ち合わせを行ったほか、JAいなば役員幹部懇談会、上田砺波市長後援会役員総会に出席しました。

2009年10月16日(金) JAきみつ役員研修会、富山にて(入善町議選)

早朝の飛行機で富山から東京に戻りました。

11時よりJAきみつ役員研修会に出席し、国政報告しました。

午後は、谷津義男先生にご挨拶した後、羽田空港から富山空港へ移動。

昨日に続いて、入善町議会選挙に立候補した長田候補、谷口候補、五十里候補の応援に駆けつけました。

JAきみつ役員研修会(1)
JAきみつ役員研修会(1)
JAきみつ役員研修会(2)
JAきみつ役員研修会(2)
■2009年10月15日(木) 富山にて(入善町議選)

富山県にて、入善町議会選挙に立候補した元島候補、中瀬候補の応援に駆けつけました。

2009年10月14日(水) 北陸信越ブロック両院議員会議

自民党本部にて、11時より北陸信越ブロック両院議員会議、15時より果樹議連役員会に出席しました。

このほか、JA全中と打ち合わせを行いました。

また、本日付で日本農業新聞が発表した読者500人に対する意識調査結果では、「政党支持率」は民主党34.9%、自民党25.6%、支持政党なし30%と、調査開始以来初めて両党の支持率が逆転しました。農村部までこうした事態になっているのか、とガーンと大きな衝撃を受けました。

※ 詳細はメールマガジンNo.165をご覧ください。

2009年10月13日(火) 石動中同窓会 国会を訪問

午前は、石動中36年度卒業生同窓会の皆さんに、会館事務所と国会議事堂を見学いただきました。政権交代によって、今後とも厳しい情勢が続くと思いますが、同窓の皆さんから明日への活力を十二分にいただきました。どうもありがとうございました。

午後は、各種打ち合わせを行いました。

石動中同窓会 会館事務所を訪問
石動中同窓会 会館事務所を訪問
石動中同窓会 国会議事堂を見学
石動中同窓会 国会議事堂を見学
2009年10月12日(月) 石動中同窓会

昨日に続いて、石動中学校36年度卒業生同窓会に参加。鶴岡八幡宮、鎌倉大仏、皇居外苑、靖国神社などを巡り、都内で宿泊しました。

2009年10月11日(日) 石動中同窓会

石動中学校36年度卒業生同窓会に参加。早朝に小矢部市を出発し、岐阜、長野を経由して河口湖、乙女峠、仙石原高原、桃源台などを巡り、箱根で宿泊しました。

2009年10月10日(土) 富山にて(意見交換)

富山県にて、JAいなば関係者と意見交換しました。

2009年10月9日(金) 故中川昭一先生葬儀

11時より、故中川昭一先生の葬儀に参列しました。心からご冥福をお祈りいたします。

午後は、翌日に備えて、空路で富山へ移動しました。

2009年10月8日(木) JA全国大会
JA全国大会
JA全国大会

8時30分より農林部会に出席。21年度補正予算の執行停止、米、豚肉、改正農地法等について農水省より説明があった後、議論となりました。私は補正予算の執行停止について「補正予算を当てにしていた地域にヒアリングしたうえで進めたことなのか。とりわけ、改正農地法と農地集積加速化事業で農地集積の大きなチャンスだったのにしっかりと議論したのか」と意見しました。

10時30分からは、渋谷のNHKホールにてJA全国大会に出席しました。

午後は、13時35分には国会正門前、13時55分に参議院議員会館前にて、故中川昭一先生の葬列車両をお見送りしました。

夜は、私の後援会の塚田幹事長の送別会に出席しました。

2009年10月7日(水) 励ます会 皆さんのご厚意に感謝!!

10時より、全国たばこ耕作組合中央会に同行して、党本部にて大島幹事長と打ち合わせを行いました。

11時20分には、大島幹事長に同行して、JA全中を訪問しました。

午後は、電車を乗り継いで横浜へ。

夕刻に、横浜インターコンチネンタルホテルにて、私の励ます会を開いていただきました。列島縦断の台風18号が襲来し、それぞれの地元の被害を心配されながらも、700名もの皆さんにご出席をいただきました。

JA全中の茂木会長、JA鹿児島県中央会出身の野村哲郎参議院議員、全国農業会議所の太田会長、JA女性協の佐藤会長、JA全青協の山本会長、地元であるJA神奈川県中央会の石井会長からご挨拶をいただきました。

やはり皆さんは、総選挙で敗北し自民党が野党になったことで、今後、与党民主党とどう付き合うのかについて関心があるのでしょう。「野党になった山田です」と自己紹介すると、会場がドッと沸きました。

もともとJAグループは、農業者とその協同の組織として、これまで与党自民党に対してもさんざん要求をぶつけるなど、極めて野党的だったわけで、民主党が与党になったからといって、変わらず自信を持って要求をぶつければいい、私も最強の野党議員になります、と申し上げました。

とりわけ、「作物は育ち、牛は子を産み牛乳を出す、鶏は卵を産む。作物も動物もどちらが与党で野党か知る由もない。まして、今日のように台風直撃の中で大きな被害もある。国民の食の安定供給のために遠慮はいらない。しっかり皆さんと一緒に主張します」と申し上げました。

また、私の2年間の国会議員としての主張や活動を著書『ひたむきに農政』としてまとめて、皆さんにお渡しすることができました。是非ご一読いただき、ご意見や感想をいただきたいと存じます。最強の、そして建設的野党議員になる指針にさせていただきます。

なお、励ます会終了後には、富山県のJA組合長の皆さんと意見交換させていただきました。

励ます会 皆さんをお出迎え(1)
励ます会 皆さんをお出迎え(1)
励ます会 皆さんをお出迎え(2)
励ます会 皆さんをお出迎え(2)
励ます会 JA全中・茂木会長のご挨拶(1)
励ます会 JA全中・茂木会長のご挨拶(1)
励ます会 JA全中・茂木会長のご挨拶(2)
励ます会 JA全中・茂木会長のご挨拶(2)
励ます会 野村哲郎先生のご挨拶
励ます会 野村哲郎先生のご挨拶
励ます会でご挨拶(1)
励ます会でご挨拶(1)
励ます会でご挨拶(2)
励ます会でご挨拶(2)
励ます会でご挨拶(3)
励ます会でご挨拶(3)
富山県JA組合長の皆さんと意見交換
富山県JA組合長の皆さんと意見交換
2009年10月6日(火) 励ます会打ち合わせ
広島県中央会の村上会長、中川秀直先生と
広島県中央会の村上会長、中川秀直先生と

昼過ぎに沖縄から上京し、明日に横浜で開催する私の励ます会の打ち合わせを行いました。

また、JAグループ広島による県選出国会議員との交流会、根釧地区農協組合長会との意見交換会に出席しました。

2009年10月5日(月) 沖縄にて(党農林部会現地視察)

沖縄県にて、党農林部会の現地視察に参加しました。

JA会館、沖縄食肉センター、翔南精糖を訪問し、意見交換しました。

2009年10月4日(日) 中川昭一先生の思い出

打ち合わせ中に、中川昭一先生の訃報に接しました。

大きな驚きとあわせて、「ああ、やはりそうだったか」という思いが交錯しました。

実は、先月17日に、国会裏の先生の事務所で、上京された先生にお会いしました。先生は相当参っておられる様子で、自民党の敗北の責任もみんな背負っておられるような雰囲気でした。

先生は、民主党の農業政策がスムーズに展開してゆけるのか、先生が農水大臣で苦労された畑作経営所得安定対策の過去実績が冷夏で作柄が悪いために逆に評価されるようになっていること等を話し、「頑張れよ」と激励いただきました。私も、「必ず戻ってください、先生が総理総裁に挑戦される際には、馳せ参じます」と申し上げ、握手して別れました。

振り返れば、平成10年に初めて農水大臣にご就任されてNHKの討論会でご一緒したことや、13年11月のWTOドーハラウンド立ち上げでのカタールのドーハでの出来事、17年12月のWTO香港閣僚会議で先生が主導して打ち出した途上国開発支援の小泉イニシアティブなど、私は、昭一先生との間で、多くの思い出がありました。

最近では、忙しい予算委員会の中でいただいた温かい声とまなざしを鮮明に覚えております。

政治家というのは、かくも苦しく悲しい宿命を持った存在なのでしょうか。心からご冥福をお祈りいたします。合掌。

※ 詳細はメールマガジンNo.163をご覧ください。

2009年10月3日(土) 2009動物感謝デー、奥村氏祝賀会

午前は、駒沢オリンピック公園にて、2009動物感謝デー開会式に出席。日本獣師会が主催する、獣医師の仕事への理解を深めるイベントです。「政界では政権交代しましたが、動物には与党も野党もわからないわけで、獣医師、動物のためにもしっかり課題に取り組んでいきましょう」とご挨拶させていただきました。

午後は、飛行機で富山へ。

奥村一則氏黄綬褒章受章記念祝賀会に出席し、お祝いの言葉を述べさせていただきました。

祝賀会終了後は、最終の飛行機で東京へ戻りました。

2009動物感謝デー(1)
2009動物感謝デー(1)
2009動物感謝デー(2)
2009動物感謝デー(2)
2009年10月2日(金) 米国大使館勉強会

8時より、東京アメリカンセンターにて、米国大使館主催の勉強会「21世紀の農業:バイテク・食料安全保障・気候変動が与える影響」に出席しました。

日中は、新聞各社等の取材を受けました。

2009年10月1日(木) JAグループの将来像について意見交換
広島県中央会の村上会長、中川秀直先生と
北海道農民連盟の皆さんと

8時より、地域農業政策セミナーにて講演しました。昨日の参議院農業・農協研究会、補正予算の見直し、米対策、税制予算対策等についてお話させていただきました。

日中は、北海道農民連盟に会館事務所を訪問いただきました。

夜は、JA全国機関58年入会・入庫者同期会に出席。今後のJAグループを背負っていく皆さんと、JAグループの将来像について、率直な意見交換をすることができました。

バックナンバー一覧はこちら