参議院議員 山田としお

全国農業協同組合中央会(JA全中)元専務理事
  • メールマガジン申し込み
  • 山田としお facebook
  • 山田としおオフィシャルブログ 農家と共に生きる
  • 山田のつくった法律
  • 山田としおの足あと
  • 藤木しんや公式ウェブサイト
  • ご意見・ご声援
  • 後援会のご案内
  • 絆 がんばろう日本!

山田の法律

お茶の振興に関する法律

野菜・果樹・畑作物等対策小委員長として立法を主導

審議経過 本文・参考資料等
平成23年3月30日
 衆議院農林水産委員長より提案

平成23年3月31日
 衆議院で可決

平成23年4月15日
 参議院で可決

平成23年4月22日 公布・施行
概要

法律要綱

法律本文

PRビラ

メルマガ(No.188号)
メルマガ(No.218号)
内容・検討経過等
【山田の主導による初めての議員立法】
 日本の茶業の実態を踏まえた、生産・加工・消費それぞれの課題に対応した茶業振興対策が重要との認識のもと、山田が委員長を務める「自民党 野菜・果樹・畑作物等対策小委員会」で、以前より党内で検討されていた茶業振興対策の法案化に取り組むことになりました。
 一連の手続きを経て、平成22年6月14日に「茶業振興法案」を参議院に提出しました。しかし、当時の国会情勢により、審議は開始されず、廃案となってしまいました。
 そこで、秋の臨時国会では、民主党に働きかけ、法案の検討を促す作戦をとりました。そして平成23年の通常国会で民主党がようやく動き出し、民主党にお茶の議連が立ち上がりました。そして、3月に「お茶の振興に関する法律案」が示されると、自民党としての注文を行い、ほとんどすべてを受け入れてもらいました。
 法案提出は、国会運営の作戦から衆議院を先にしました。他の野党にもお願いして了解を得て、農林水産委員長提案として提出し可決してもらい、参議院でも同様に可決することが出来ました。