参議院議員 山田としお

全国農業協同組合中央会(JA全中)元専務理事

メールマガジン

  • メールマガジン申し込み
  • 山田としお facebook
  • 山田としおオフィシャルブログ 農家と共に生きる
  • 山田のつくった法律
  • 山田としおの足あと
  • 山田としおの足あと
  • ご意見・ご声援
  • 後援会のご案内
  • 絆 がんばろう日本!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 自民党米作りプロジェクト

◆◇==========================◇◆
    ***山田としお メールマガジン No.087***   
   
                  2008年1月23日発行

        山田としお公式ホームページ
      (http://www.yamada-toshio.jp/)

◆◇==========================◇◆

       尾辻議員会長の代表質問に感激

◆◇===========================◇

  政策の方向をどう定めるのか。議会制民主主義のもとで選出され
た国会議員と、その多数でつくられた与党政府が、どんな役割を果
たせるのか。国際化、規制緩和、成長、改革という政策の方向がで
きあがってしまっているなかで、これらにどう対処できるのか。新
人議員としての私の課題です。

 法務省から、従来商法の中で位置づけられていた保険を独立させ、
共済についても保険の規定に組み込む形で、新たに保険法として法
案が出されるということで、昨日(1月22日)、早朝の自民党法
務部会に出席しました。

 私にとっては、全く異分野ですが、思い切って発言させてもらい
ました。

 今回の法改正が、保険と共済の契約のルールを共通化させるなど、
契約者を保護することについては異存が無いが、相互扶助という日
本の社会風土の特性を踏まえて作られてきた共済の仕組みを、多数
の顧客を対象とする保険の規律と一緒にしていいのかどうか、もし
かして、米国政府がわが国に要求している対日年次改革要望書に応
えるためのものであれば、将来、問題が生ずるのではないか、とい
う趣旨の発言をしました。

 恐る恐るの私の発言の後に、閣僚を経験した2人の大物議員から
も「共済を同じに扱っていいのか」との発言があり、法務部会長か
らも「自分も同じ趣旨の心配があり、今後この問題を具体的に議論
していこう」と引き取っていただきました。

 この日の法務部会は、決して欠席できない国会対策委員会と重な
っていたため、両方に出席すべく、自民党本部と院内との間の2往
復を全力で走ることになりました。体力的には厳しかったものの、
さっそく法務省から説明に伺いたいとの働きかけがあったことから、
両方に出席し発言した意義はあったと思います。

 また、これが欲張りで粘り強い自分らしい行動パターンだと自分
でも思います。それにしても、政策の方向を変えていけるのかどう
か、容易ではないと思います。しっかり勉強しなければなりません。

 ところで、その後の本会議での尾辻参議院議員会長の代表質問に
は感激しました。

 与党でありながら、総理に対して、地域間格差・経済格差の問題、
そしてそれを生んだ経済財政諮問会議の議論と委員の選任について
総理の認識を質しました。そのうえで「総理が今、どのような国を
創ろうとしているのか」と質問されました。

 これこそ、「良識の府」としての参議院の自負なのでしょう。与
野党問わず大きな拍手が起こりました。

 福田総理は、これらの質問に、早口で流すような対応で、経済財
政諮問会議についても「民間の方の知見をいただく場であり、内閣
としての政策決定は総理の下で閣議で行う」と答えるのみでありま
したが、私には、官僚が書いた回答に、総理としては、極めて不満
であることを意思表示しているように見えました。

 今まさに、政策の方向を変えていく動きが起こっていると私には
感じられました。

◆◇==========================◇◆

●配信を停止されたい方は、下記のページから配信停止のお手続き
 をお願いします。

【山田としおメールマガジン 配信停止】
https://ssl2.another-staff.ne.jp/ja0026/mailmagazine/index.html

●これまでに配信したメールマガジンの内容は、以下のURLから
 ご覧いただけます。

http://www.yamada-toshio.jp/mailmagazine/archives/

●お問い合わせ
 本メールに関するお問い合わせは、
         info@yamada-toshio.jp までご連絡下さい。

◆◇==========================◇◆
      発行  山田としお後援会
    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-8-3
         TEL 03-5203-0620
   Copyright(C)2008   山田としお後援会 
     ---掲載記事の無断転載を禁じます---
◆◇==========================◇◆