参議院議員 山田としお

全国農業協同組合中央会(JA全中)元専務理事

メールマガジン

  • メールマガジン申し込み
  • 山田としお facebook
  • 山田としおオフィシャルブログ 農家と共に生きる
  • 山田のつくった法律
  • 山田としおの足あと
  • 山田としおの足あと
  • ご意見・ご声援
  • 後援会のご案内
  • 絆 がんばろう日本!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 自民党米作りプロジェクト

◆◇==========================◇◆

    ***山田としお メールマガジン No.126***   
   
                 2008年11月21日発行

        山田としお公式ホームページ
      (http://www.yamada-toshio.jp/)

◆◇==========================◇◆

               各地を訪問

◆◇===========================◇
 国会の日程を縫って、ここ2週間で各地を訪ねました。

 愛知県常勤役員研修会では、JAグループの組織・事業における
愛知県の位置についての末尾の項目に、山田としおの得票数があり
ました。どうも面はゆいやら、ご苦労をおかけして申し訳ないやら
の気持ちでしたが、愛知県の皆さんの自負が伝わりました。ありが
とうございました。

 翌日は、長野県JA大会で講演の時間をいただき、政局のなかで
翻弄させられている金融機能強化法改正案の動きやWTO交渉の動
き、そのなかでのJAグループの期待される取組について率直に話
させていただきました。

 東京あきる野市での西多摩3JAによる都市農業危機突破大会は、
大きな会場いっぱいの大集会でした。中小企業の事業承継税制と関
連させて政府税調が打ち出した相続税の遺産取得課税方式への転換
が農地等の相続に与える諸問題について、改めて勉強するとともに、
皆さんの決意を受け止めました。私の選挙戦では、全国の全JAを
訪ねたと言っていましたが、実はここの3JAだけは家内が代理で伺
わせていただいていました。皆さんからは、「ようやく顔を出した
か」と冷やかされました。申し訳ありませんでした。

 石川県のJA小松市は力のあるJAです。土曜日の夜7時から50
0名を超える組合員農家・青年部・女性部・JA役職員を集めるのだ
からすごいものです。農業をとりまく情勢と課題を話しましたが、
皆さんの期待にこたえられたかどうか心配です。ところで、私の話
の途中から、森喜朗元総理がそっと後ろの席に座られました。どこ
かで情報を得られたのでしょう。私は、「政策は間違ってはいけな
い」などと、市場原理と農業構造改革を主張してやまない経済財政
諮問会議のあり方等を過激に批判していた最中でしたが修正がきか
ず、そのまま話を続けました。脇の下から冷や汗が流れました。

 翌日は京都で、中川泰宏衆院議員の政経セミナーに出席しました。
昨年の選挙選の早い段階でJAグループ京都の皆さんが3,000名以上
も参加いただいた決起集会を宝ケ池の国際会議場で開いていただい
たことの御礼もありました。また、講師として出席された与謝野大
臣と飯島元小泉総理秘書官のお話にも興味がありました。与謝野大
臣は、金融危機のなかで「中小企業の金融対策に万全を期す」との
決意に加え、「もう一つは、強い農業をつくる」ことが大事な政策
課題であり、福田前総理に続いて麻生総理も食料自給率50%を打ち
出し、その実現のための補正予算を決定している。これはあまり気
付かれていないが政策の大転換であり、「農業を大事にすることが
政策の中心でなければならない」「これは福田、麻生両政権の隠さ
れたメッセージだ」との発言は、大変印象深いものでした。飯島元
総理秘書官は、解散を延ばしても都議選・都知事選・参院選・地方
選・総選挙と政局を左右する各選挙戦が陸続と続いており、「堂々
と政策を掲げ国民の信を問うべき」との発言は、郵政選挙を断行し
た影の参謀といわれる飯島さんらしい政局の見方でした。

 そして、翌週の茨城県の農業振興大会では、国際化のなかでのわ
が国の取り組みについて話させていただきました。ちょうど民主党
が金融機能強化法改正案の審議と関連させて「組合を特定の政党の
ために利用してはならない」との農協法改正案を提案する旨の報道
がなされた日でもあり、出席者からは、こうした農業振興政策の積
み上げと国会議員への働き掛けそのものが抑制されることにつなが
るのではないのかとの懸念が出されました。「JAの営農・生活の
取り組み活動が潰されるのではないのか」との意見です。

 そして、その日の夕方からは新潟県で国政報告会を開いていただ
いて、温かい激励をいっぱい受けました。

  それにしても、長い一日でした。
 
◆◇==========================◇◆


●配信を停止されたい方は、下記のページから配信停止のお手続き

 をお願いします。

【山田としおメールマガジン 配信停止】
https://ssl2.another-staff.ne.jp/ja0026/mailmagazine/index.h
tml

●これまでに配信したメールマガジンの内容は、以下のURLから
 ご覧いただけます。

http://www.yamada-toshio.jp/mailmagazine/archives/

●お問い合わせ
 本メールに関するお問い合わせは、
         info@yamada-toshio.jp までご連絡下さい。

◆◇==========================◇◆

      発行  山田としお後援会
    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-8-3
         TEL 03-5203-0620
   Copyright(C)2008   山田としお後援会
     ---掲載記事の無断転載を禁じます---
◆◇==========================◇◆