参議院議員 山田としお

全国農業協同組合中央会(JA全中)元専務理事

メールマガジン

  • メールマガジン申し込み
  • 山田としお facebook
  • 山田としおオフィシャルブログ 農家と共に生きる
  • 山田のつくった法律
  • 山田としおの足あと
  • 山田としおの足あと
  • ご意見・ご声援
  • 後援会のご案内
  • 絆 がんばろう日本!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 自民党米作りプロジェクト

◆◇==========================◇◆
    ***山田としお メールマガジン No.134***   
   
                 2008年12月24日発行

        山田としお公式ホームページ
      (http://www.yamada-toshio.jp/)

◆◇==========================◇◆

                   新しい年も頑張ります

◆◇===========================◇

 激動の1年が過ぎようとしています。

 地球温暖化と世界的な気象災害の発生、ファンドマネーが踊った
原油と穀物価格の高騰、中国製冷凍ギョーザ中毒事件に始まり汚染
MA米の不正流通に終わった食の安全問題、マネーゲームが崩壊した
金融危機と恐慌の到来、しょせん強い国が主導するWTOという虚構と
実像、世界でもわが国でも大きな被害をもたらした地震。そして大
政局。大変な年でした。これらは新しい年にも続きます。

 こうした一つ一つの局面を、政治の場で経験する1年でしたが、「
政治はかくも弱いのか」というのが印象です。原理原則やこれまで
の経緯や慣習があるとはいえ、人間がやることですから、こういう
ことなのでしょうか、まだまだ混迷が続きます。

 一方で、政治の判断にゆだねられていることが多いことにも気づ
かされました。制度や仕組みに仕上げていくまでには時間がかかり
ますが、それを政治が決めていかざるを得ないのだということを実
感しました。

 「1年生議員でしかない私に何ができるのか」が現実なのですが、
まじめに党の部会に出席し、発言し、それが的を得ておれば成就す
ることもあります。

 私の当初からの政治課題であった経済財政諮問会議のメンバーの
一新は、当時の福田総理に直接申し入れ、予算委員会でも主張して
いましたが、麻生総理と与謝野経済財政担当大臣の誕生という大き
な政治の流れの中で実現しました。

 ところでもう一つ、年末ぎりぎりになって、農業・農協批判を行
ってやまない規制改革会議の答申に、小さなクサビを打ち込むこと
ができました。昨年も激しい論議があり、最終的には、規制改革会
議委員がまとめた「問題意識」部分は聖域であり政府も党も手を入
れられない、その後に続く「具体的施策」部分は政府と協議して取
りまとめたものであり、党においてもこの部分を協議し、閣議了解
していくものであるとされていました。

 私にとっては、市場原理を標ぼうしている委員がまとめた問題意
識部分こそ到底納得がいかない部分でした。

 例えば、食料自給率について、福田前総理がFAOサミットや洞爺湖
サミットで打ち出し、麻生総理が就任時の所信表明演説で50%の目
標実現を約束したにもかかわらず、それを否定するものになってい
ました。経営所得安定対策についても、参議院選挙での惨敗を経て、
地域の実態に応じて市町村長が認めた場合、規模や所得にかかわら
ず対象にできるとした党の決断を批判しています。また、農協や漁
協が、「組合員や貯金者を軽視した運用を行っている」として感情
的な批判を行っています。この他にも、これに類する記述が各所に
見られました。私は、この点について「党としてこれでいいのか」
と党の委員会で迫りました。

 結局、村田吉隆党規制改革対策委員長に取り扱いを引き取ってい
ただくことになりました。

 さっそく、8点にのぼる具体的な手直し案を村田先生の所に持ち込
んだところ、最終的に3点について修文を実現していただきました。
村田先生によると、草刈議長(規制改革会議議長)をこれ以上怒らせ
るわけにいかないということでした。

 やればできる。ささやかな一歩だが頑張ります。

 来年も応援をお願いします。

◆◇==========================◇◆

●配信を停止されたい方は、下記のページから配信停止のお手続き
 をお願いします。

【山田としおメールマガジン 配信停止】
https://ssl2.another-staff.ne.jp/ja0026/mailmagazine/index.html

●これまでに配信したメールマガジンの内容は、以下のURLから
 ご覧いただけます。

http://www.yamada-toshio.jp/mailmagazine/archives/

●お問い合わせ
 本メールに関するお問い合わせは、
         info@yamada-toshio.jp までご連絡下さい。

◆◇==========================◇◆
      発行  山田としお後援会
    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-8-3
         TEL 03-5203-0620
   Copyright(C)2008   山田としお後援会
     ---掲載記事の無断転載を禁じます---
◆◇==========================◇◆