参議院議員 山田としお

全国農業協同組合中央会(JA全中)元専務理事

メールマガジン

  • メールマガジン申し込み
  • 山田としお facebook
  • 山田としおオフィシャルブログ 農家と共に生きる
  • 山田のつくった法律
  • 山田としおの足あと
  • 山田としおの足あと
  • ご意見・ご声援
  • 後援会のご案内
  • 絆 がんばろう日本!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 自民党米作りプロジェクト

◆◇==========================◇◆
    ***山田としお メールマガジン No.143***   
   
                 2009年3月17日発行

        山田としお公式ホームページ
      (http://www.yamada-toshio.jp/)

◆◇==========================◇◆

                   追加経済対策を検討

◆◇===========================◇

 新聞紙上で、麻生総理が追加経済対策を指示した旨の報道がなさ
れています。

 これについて、開会中の参議院予算委員会でも質疑がありました。
民主党は、21年度本予算案審議中に補正予算の検討を行っていると
の言質を取り、予算審議を中断させたい狙いのようでしたが、総理
はその言質を与えませんでした。総理の言いぶりは、「景気の下振
れのリスクがある可能性があり、どんな政策があるのか検討を指示
したが、恐れ多くも予算審議をしていただいているなかで補正予算
の策定は全く考えていない。予算の執行としては、前倒しが先であ
る」という慎重な言い回しです。

 しかし、与謝野財務大臣は、「4月にロンドンに行く時には、総理
としては、方向性を出して臨むということだろう」と策定の時期に
も触れていました。どうも民主党は与謝野大臣に甘いようです。 

 こうした言い振りのなかで、党での検討体制は動き出しており、
10日には町村前官房長官を座長に、分野ごとの調査会の幹部を構成
員とする「日本経済再生戦略会議」が始動しました。

 総理は、各界の有識者100人余りからアイデアを聞く経済危機克服
のための「有識者会合」を昨日より開始しており、本日はJAグルー
プから全中会長が首相官邸に呼ばれているようです(全中会長は出
張中のため全中副会長が出席予定)。

 ところで、農林関係は、2月に入って間もなく農業基本政策委員会
(西川委員長)の議論を開始し、これまで6回にわたり論議を進め
てきました。これは補正予算対策というより、石破農水大臣の農政
見直しに対抗して党としての取りまとめを行うというものでしたが、
ぴったり補正予算の動きにはまったということです。

 検討してきた内容は、1.水田フル活用への支援対策 2.野菜・果
樹・畑作等への支援対策 3.畜産・酪農への支援対策 4.担い手
への農地集積対策 5.担い手への経営支援対策 6.地域農業農村
の再生・活性化支援 7.耕作放棄地解消推進対策 8.土地改良負
担金の軽減対策 9.流通・加工への支援対策等です(※ 添付
PDF「農業基本政策委員会の検討状況(3月17日現在)」参照)。

 私も、「明日までに持ってこい」という西川委員長の指示を受け、
ペーパーを内々届けていました。

 水田農業振興議員連盟(二田会長)も総会を開いて、飼料米の追
加支援、生産調整実施者へのメリット対策の拡充、岩盤対策等につ
いて決議をし、農林幹部に持ち込みました(※ 添付PDF「水田
農業振興議員連盟の決議(3月12日)」参照)。

 農水省も、これを受けて内々検討を行っているようですが、もう
一つすっきりしません。それは、石破大臣の農政見直しとの関係で
す。大臣は、生産調整の見直しを念頭に置いているため、水田フル
活用対策についても21年度はともかく、22年度以降について明言し
ていないからです。

 私は、総選挙を控え、論議のある選択制のあり方や担い手につい
て基本方向を早急に整理しきれない現状にあっては、これまで積み
上げてきた取り組みを着実に定着させるという観点での対策がまず
必要だと考えています。もちろん補正は単年度ですが、総理の指示
にもあるように多年度で考えることも当然必要です。

 いずれにしろ、4月中下旬まで、大臣と党、さらには財政当局との
間で激しい綱引きが予想されます。私も、この動きにどっぷりとつ
かり、必ず主張を反映させます。

◆◇==========================◇◆

●配信を停止されたい方は、下記のページから配信停止のお手続き
 をお願いします。

【山田としおメールマガジン 配信停止】
https://ssl2.another-staff.ne.jp/ja0026/mailmagazine/index.html

●これまでに配信したメールマガジンの内容は、以下のURLから
 ご覧いただけます。

http://www.yamada-toshio.jp/mailmagazine/archives/

●お問い合わせ
 本メールに関するお問い合わせは、
         info@yamada-toshio.jp までご連絡下さい。

◆◇==========================◇◆
  〈山田としお後援会〉
    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-8-3
         TEL 03-5203-0620
   Copyright(C)Toshio Yamada all Rlghts Reserved
      発行:自由民主党東京都参議院比例区第三十四支部
     ---掲載記事の無断転載を禁じます---
◆◇==========================◇◆