メールマガジン Mail Magazine

山田としお メールマガジン419号
全国を飛び回っています

◆◇==========================◇◆

    ***山田としお メールマガジン No.419***


                     2019年1月22日発行

                山田としお公式ホームページ
            (https://www.yamada-toshio.jp/)

◆◇==========================◇◆

         全国を飛び回っています

◆◇==========================◇◆

【JA訪問を始めました】

 年が明けて、本格的に、各県、各JAへの訪問を行っています。昨
年は年末にかけて、和歌山、島根、福島、栃木、鹿児島、高知の各
県JAへ、そして正月に入ってからは、愛知のJAを訪ねており、各県
中央会、農政連の皆さんにおかれては、段取りに感謝申し上げます。
 また、昨年は、千葉、愛知、広島、京都のJA大会、熊本は大会前
段の「農業経営危機突破大会」に出席させていただき、挨拶をさせ
ていただきました。それにしても、各県からのさらなる要請に日程
の調整がつかず、先送りし、申し訳ないことをしている県もあり、
誠にすみません。


【新年の会にも出席しました】

 JA全中はじめ、全農、千葉、広島等、新年の会にも出席させてい
ただきました。1月10日の茨城の会は、農政連と「食と農と水を考
える新春のつどい」の会ですが、JAや連合会、そして、地元選出の
与野党の国会議員や県議さんがほぼ全員がお揃いになり、知事、市
町村長もお見えになるという盛大なもので、私も、挨拶をさせてい
ただきました。
 また、毎年恒例の広島の新年会では、「これからの農政を考え
る」というテーマで、県下の全JAの組合長や常勤役員の皆さんの前
で話をさせていただきました。
 JAへの訪問は、すでに年末前に、お伺いした県もありますが、県
内の常勤会議に伺った後、飛行場への途中にあるJAを訪問するとい
う離れ業を鹿児島県で設定いただきましたし、高知県でも常勤会議
の前に遠隔の山間のJAを訪問させていただきました。
 正月が明けてからは、まず、長野県の農政組織の代表者の会議で
1時間の国政報告。そして、深夜の最終列車で名古屋に移り、翌早
朝から、2日間かけて、愛知県下のJA訪問を行わせていただきまし
た。JAあいち尾東は、複数JAの広域合併JAで、組合員組織の活動の
活性化のために、合併前の各JAの役員経験者等が地域協議会を作り、
組合員訪問活動、女性部活動、フレッシュミズ活動、助け合い組織
等活動を分担して取り組まれている。お集りの皆さんも女性の方々
が多く、私の国政報告を熱心にお聞きいただきました。この組織は、
半端な組織でないことを実感しました。


【JTのリーフセンターでの感動的な姿】

 そして、翌日は、岩手県に移り、県下全JAの組合長をはじめとす
る常勤役員の皆さんへの国政報告をさせていただきました。森林組
合の皆さん、葉たばこ耕作組合の皆さんもおいでだった。
 私は、昨年の年末にJTの東北リーフセンターを訪ねており、その
際、葉たばこの受検の場に、それぞれ出荷された組合員の皆さんが、
「ご夫婦」で出席されており、検査員が手で乾燥葉を開き、目視で
色等を見て等級を決めるのだが、検査員が「Aタイプ」と声を発し
た時、御主人の後ろに寄り添っていた奥さんが、そっと旦那さんの
手を握ったのを、「私は、見逃さなかった」。大変感動しました。
私は、その情景を国政報告の場で、「感動的ないい風景でした」と
紹介した。お忙しい農家の皆さんは、夫婦で旅することは少ないの
だが、受検を機会にしての、たばこ耕作組合の農業者の日ごろの苦
労を夫婦で癒せる旅の企画は本当にいい。耕作組合も、JTも、検査
官も、この意義をよく分かっての取り組みだと思う。夫婦・家族が、
一緒に農作業をする、その成果を一緒に喜ぶ、これこそ、家族農業
の神髄だと感動しました。


【選挙区の候補とも連携】

 そして、岩手での会合を終え、深夜に東京に戻り、翌日は朝6時
半の一番の飛行機で鳥取に飛び、県下JAの常勤役員と農政連の皆さ
んの集まりで、選挙区(鳥取と島根の合区)候補の舞立先生と御一
緒に国政報告を行わせていただきました。
 そして、東京に帰り、翌日早朝に、熊本に飛んで、藤木先生の新
春のパーティに出席しました。多くの皆さんの参加で盛り上がり、
私も決意を述べさせてもらいました。夕方の開会まで時間があった
ので、藤木牧場を訪ね、当日の深夜に生まれたばかりの子牛が可愛
くて、私が頭に手をかざそうとしたら、大きな母牛が、「大切な赤
子に何をする」という感じでドンと迫ってきた。私は飛び退いた。
 また、震災直後にお見舞いで訪ねていた被災地を通ったが、山々
は崩れたままで、3年経ち、家々は表側は片付いているが、修復半
ばであり、まだ避難されている方々も多いといいます。
 それにしても、熊本城は、天守閣に並立して二台の巨大なクレー
ンがかぶさるように立っており、各所城壁は崩れたままで、しかし、
城壁の巨岩は、積み上げを待つように整理されている。復旧までに、
城は20年、石積みは30年かかるという。
 熊本の翌日は、JA東京中央会の理事会で、推薦状をいただき、そ
の後、富山に帰り、地元のJAいなばで、新春の会に出席し、ふるさ
とのJAなので、JA改革を突破するため、私をトップで当選させてく
ださいとお願いした。
 そして今日は岡山、明日は山口と福岡に参ります。今週末は、千
葉と福岡を再訪します。
 まだまだ続きます。頑張ります。
 いよいよ国会が始まります。全て埋まっている日程を、国会の日
程の中でどう調整するか、今から心配しています。


◆◇==========================◇◆

●メルマガを見る際に、画面表示の文字設定のなかで、文字を大き
 く表示されるよう設定することで、読みやすくなります。

《山田としおホームページ》https://www.yamada-toshio.jp/
《フェイスブック》★「いいね!」お待ちしています★
     https://www.facebook.com/yamada.toshio.official/
《ブログ》http://ameblo.jp/toshio-yamada/
《山田としおチャンネル》
        http://www.youtube.com/user/YamadaToshio

◆◇==========================◇◆

●これまでに配信したメールマガジンの内容は、以下のURLから
 ご覧いただけます。
 http://www.yamada-toshio.jp/mailmagazine/list.html

●配信を停止されたい方は、下記のページから配信停止のお手続き
 をお願いします。
 http://www.yamada-toshio.jp/mailmagazine/index.html

●本メールに関するその他のお問い合わせについては、
  kouenkai1@yamada-toshio.jp にご連絡下さい。

◆◇==========================◇◆
    送信者:自由民主党東京都参議院比例区第三十四支部

          ---掲載記事の無断転載を禁じます---
◆◇==========================◇◆

お問い合わせ Contact

【山田としお国会事務所】

〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館809号室
TEL:03-3581-3111(代)、03-6550-0809(直)
FAX:03-6551-0809

【山田としお後援会(全国)】

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町2-3-7 兼七ビル6階
TEL:03-6380-8280
FAX:03-3293-0321

TOPに戻る